タイヤ交換の仕方

タイヤ交換の仕方

 タイヤ交換は人により状況が異なります。でもパンクなどいざという時、どの工具を使い、どう行うのか理解は必要です。またジャッキやレンチなどの車載工具が、どこにあるのかも知っておく必要あります。

 最近のランフラットタイヤの装着車は、スペアタイヤが積んでいない場合などもありますが、それでも夏タイヤからスタッドレスタイヤへの交換など、DIYで行うには正しい方法を理解しておくこと重要です。

 タイヤ交換は、正しい工程を踏むことで安全に行えます。反面、間違った知識では、危険度が高まりますのでその点には注意しましょう。非常事態以外、自信がなければカーディーラーやGSなど専門業者へ依頼したほうが良い場合もあります。決して、無理の無いようにしましょう。

タイヤ交換に必要な車載工具

標準車載工具

 タイヤ交換で重要なのが工具類。より快適な作業が行える為の工具も売っていますが、基本的には、標準車載工具のジャッキやレンチ類で行えます。走行中などの非常事態では、これらを利用することになりますが、どこに積んであるのか理解しましょう。

 通常はトランクの中、スペアタイヤが積んである近辺に収まっているはずです。最近では、より簡素化されていますが、ジャッキ類、レンチ、ドライバー等が見られると思います。

タイヤ交換を快適に行うための工具

油圧式のジャッキ、十字レンチ、収縮式のレンチ、タイヤストッパー、空気入れ

 自宅等で行う場合は、油圧式のジャッキ、十字レンチ、収縮式のレンチ(ソケットレンチ)、タイヤストッパー、空気入れ、そしてトルクレンチなどあればかなり快適、安全に作業ができます。

 作業環境は、基本的にコンクリートやアスファルト上で平らなこと。車周りは、作業ができる十分なスペースが確保できること。

作業手袋

 作業スタイルは、動きやすい服装。サンダルなどは避け、運動靴などがいいでしょう。

 手袋は、専用の厚手のものが理想ですが、軍手でも十分。ちょっとした怪我や、汚れ防止にもなります。

タイヤ交換を行う

ジャッキアップ

タイヤストッパーの位置

 車のエンジンは切り、サイドブレーキをしっかりとかけます。作業効率を上げる為に、交換するタイヤは各タイヤの近くに運んでおくことが良いと思います。そして、タイヤストッパーを、交換するタイヤに対して対角線上のタイヤの前後へ固定。左前タイヤを交換する場合は、右後タイヤ。左後タイヤの場合は、右前タイヤという具合です。

ジャックアップポイント

 いよいよ作業開始、ジャッキアップ。まず、車のジャッキアップポイントを探します。これは、ジャッキアップ用に補強されている部分で、通常車体下、前タイヤの後ろ、後タイヤの前に計4ヶ所あります。下から覗いてみると、切り欠けのようになっているのが目印。わからないときは、説明書で必ず確認しましょう。違った位置でジャッキアップすると、フロアを変形させてしまうことがありますので注意。

 その位置を確認したら、タイヤが地面から浮き上がらない程度にジャッキアップします。ナットを緩める際、タイヤの空転を避ける為です。なお、ジャッキは、油圧式だとかなり楽です。2t式くらいなら価格的にもかなりお買い特。作業に掛かる労力、半減します!

ホイールナットを緩める

ナットを緩める

 レンチを利用して、ナットを緩めます。この場合、軽く緩める程度で、ナットを完全にはずさないようにします。硬く締まっているのが解ける程度でOKです。

 その際の姿勢は、片ひざを立てた状態でレンチを水平に保つことを意識します。力を入れやすく、ナットをなめてしまうことが防げます。稀に、レンチの上に足を乗せて力任せにしているシーン見ますが、ナットをなめたりして好ましいことでは無いので、避けたいところです。

 車載工具のレンチは、力がしっかりと掛けにくく作業性もよくありません。その為、市販のソケットレンチがお勧めです。特に、長さ調節が出来れば作業性向上します。数サイズのソケットがセットされているので、幅広い車種にも対応できます。

ホイールナットを外す

 ナットが緩んだら更にジャッキアップ。タイヤの下に手のひらが入るくらいの高さを意識します。低すぎるとタイヤを外しにくく、高すぎると車のバランスが崩れ危険、フロアのゆがみなども危惧されます。

十字レンチでナットを外す

 適度な高さをキープしたら、ナットを外します。既にナットは緩んでいるので、力を大きく掛けることは必要ありません。(この状態で力を大きく掛けると、ジャッキが外れることもあり危険)十字レンチを使うと、クルクルと作業性がかなりアップします。

ナットは対角に緩める、締める時も同じ

 ナットは対角に緩めていき、一気にひとつずつ外すのではなく、同じような緩みの状態をキープして外すのが理想です。完全にナットを外したら、そのナットが転がっていかないよう適当なモノに一時入れておくこと。ナットを見失ったり、散乱することを防ぐことになります。

タイヤ交換

タイヤ交換

 タイヤを外します。最新のタイヤやホイールは随分軽量化されていますが、それでも大きいサイズは重量があります。体制をしっかり取りましょう。

 交換するタイヤをはめ込み(方向性のあるタイヤの場合、向きに注意)、ナットを軽く締めます。この場合も、対角に締めていくようにしますが、ナットは手で締めると確実に収まります。すべてが、軽く締めこまれたら、今度は十字レンチで更に締めこんでいきます。対角に、そして回してもそれ以上行かないところまでを意識します。まだ、ジャッキアップの状態が維持されているので、ここで完全な締め込みは行いません。

ホイールナットの増し締め

 この状態でジャッキをおろしますが、注意が必要です。油圧式の場合、ゆっくり慎重にバルブを回すことが求められます。こうすることで、ジャッキが徐々にスロー状態で下がってきます。一気にバルブを回すことは避けましょう。

支点を押さえ、端をグーと押す感じ

 ジャッキがおりたらそれを後方にでも少し移動させ、増し締めをします。この時、ソケットレンチ等に交換し、やはり対角に締めこむこと。姿勢は緩める時同様で、片ひざを立てた状態でレンチを水平に保つ。左手で支点を支え、右手で端を持ちグーと力を入れる、それ以上回らないところまでしっかり締めます。

 力任せに、「これでもか!これでもか!」というレベルまでは必要ないかと。ナットが外れるのではという心配から、レンチの上に足を乗せて、体重を掛けギュッギュッすることは必要ないと思います。それにより、ナットをなめたり、締めすぎでハブボルトの強度を落とす恐れがあります。(但し、人により力加減は異なります。飽くまでも目安として理解してください)

トルクレンチ

 ナットの締め込みは、適正トルクで行うのが理想です。なので、トルクレンチがあればかなり良好な状態で完了させられます。自信の無い人や作業経験の少ない人ほど、トルクレンチが有効かもしれません。

最終点検

 ナットの締め忘れは、タイヤの脱輪につながり大変危険です。すべてOKと思っても、今一度締め忘れが無いかすべてのタイヤを点検しましょう。

 問題なければ最後の工程、そう空気圧の確認です。保管時に半分、もしくは1/3まで空気を抜いていますので規定値まで戻す必要があります。なおこれに関しては タイヤの空気圧 (スタッドレスタイヤの空気圧) で詳しく記しています。また交換後のタイヤは適正に管理することで良い状態がキープできます。タイヤの保管方法 も重要です。

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る