アジアンスタッドレスタイヤ比較 2017-2018 - 製品展開を探る!

アジアンスタッドレスタイヤ比較 2017-2018 - 製品展開を探る!

stud

 アジアンタイヤ、価格の安さは性能以外で特性にもなる。スタッドレスも同様の捉え方で受け入れが進みます。いまの走行環境ならこの性能レベルで十分、という判断にプラスして、価格の安さで購入されるケースが多いのでは。

 国内市場はアジアンメーカーにとって非常に魅力的です。ここに反応し製品展開は、スタンダードからプレミアムまでを謳うなどラインアップの充実が進みます。性能に対するイメージはそれまでを覆し、期待感を抱くケースが増えています。

 またメーカーでは、日本の雪質を理解すべく北海道を拠点に開発テストを実行します。雪国での日常的使用を想定したヘビーユーザーから、都会派ユーザーまで幅広く対応し、日本専用設計を謳うなど製品レベルの向上を強く印象付けています。

 国内導入に際しては、懸案となることが多いサイズ設定もフォロー範囲が拡大しています。装着したくてもサイズが無い、というこれまでの残念さは解消されつつありそうです。

(2017.10更新)
【TOPICS】

メーカー別スタッドレスタイヤ性能比較

nankang

NANKANG(ナンカン)は台湾のタイヤメーカー。英語名で NANKANG Rubber Tire、中国語名で 南港輪胎。国内における認知は抜群で、アジアンスタッドレスでも黎明期から積極展開を果たす。

atr radial

インドネシア PT Multistrada Arah Sarana Tbk.=通称 MASA がメーカー。国内は ATR RADAL(エーティーアール ラジアル)の独自ブランドで展開。スタッドレスタイヤは「Winter 101」がラインアップされる。

nexen

NEXEN(ネクセン)は韓国のタイヤメーカー。WINGUARDシリーズとして展開し、高性能に拘る姿勢はアイス性能向上へ自信を示す。2017年に日本法人を設立し更なる市場拡大を目指す。

hifly

HIFLY(ハイフライ)のスタッドレスは「Win-turi 212」。中国工場で生産し、北米、欧州など世界各国で販売される。日本へはアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって供給、日本輸入販売店となるのがオートウェイ。

zeetex

ZEETEX(ジーテックス)は、ドバイを拠点にしている大手タイヤディーラー ZAFCO のPB。スタッドレスラインアップは、「S200」を上位に低燃費やウェットの向上を示す「Z-ICE1000」、SUV/4×4・LTの「Z-ICE2000C」。

momo

MOMO(モモ)は、イタリアのタイヤ製造会社 UNIVERGOMMA社の傘下になったのが転機。タイヤブランドとしての MOMO が誕生。スタッドレスは NORTH POLEシリーズとして展開する。

kenda

KENDA(ケンダ)は台湾メーカー、中国語で「建大」。1962年の設立、従業員数は1万人以上で世界に計6工場が稼動する。スタッドレスへの注目は「ICETEC NEO KR36」、日本市場を強く意識した結果、評判がいい。

hankook

Hankook(ハンコック)はアジアンタイヤとして最も高性能。2016年は「Winter i*cept iZ2A」を投入。日本の厳しい冬の雪道でも、より安全にドライビングの楽しさを提供する。日本の為に開発された製品だという。

kumho

KUMUHO(クムホ)は、2014年に登場の WINTERCRAFT を冠した「WINTERCRAFT ice Wi61」で国内展開を強化する。それまでの日本専用設計からグローバル商品での施策を打ち出す。

federal

FEDERAL(フェデラル)は台湾メーカー。スタッドレスは HIMALAYAシリーズがこれまでにない積極姿勢で展開される。乗用車用「ICEO」は、日本マーケットのために特別開発された新コンパウンドを採用する。

2017-2018 ラインアップ全体の特徴

stud2

 2017-2018年シーズンも従来通りの展開としながらも、詳細に触れると興味が湧きますね。まずは、NANKANG の強調からでしょう。更なる特性に触れ向上を強烈にアピールします。

 NANKANG は「SN-1」から「ESSN-1」への移行が完了。その結果いまや NANKANG に留まらず、アジアンスタッドレス全体でも牽引する役割が期待されています。

NEXENは・・

 対して NEXEN、過去2トップを誇った時が懐かしい。現在は施策の変更で、やや話題性に欠け寂しさが感じられます。一見ラインアップが縮小にも見えますが、ここはしっかり最新も掲載します。「WINGUARD Snow'G WH2」がそれ、ただサイズ拡大を急ぐべきかな。

MOMO の人気

 興味深いのは MOMO です。NORTH POLEシリーズとして、乗用車用上位モデルを謳う「NORTH POLE W-2」とSUV/4×4専用の「SUV POLE W-4」から構成されます。軽カーやコンパクトカーをフォローする「NORTH POLE W-1」はフェードアウトになったけれど、ブランド認知から興味は継続するはず。

ken_kr3602

アジアンタイヤ1st.

 一方、アジアンタイヤ1st.を謳い独自性を打ち出すのが Hankook、KUMHO、そして KENDA など(NEXEN はまだ2nd.にしている)。

 最も注目するのは KENDA です。全体でも「ESSN-1」と同等、いやそれ以上の興味を得ている? 国内への投入は「ICETEC NEO KR36」の1つだけながら、トップレベルの人気は今シーズンも続くはずです。

 Hankook は、昨シーズン登場した「Winter i*cept iZ2A」が2シーズン目、真価が問われそう。不安なのはサイズ展開、今シーズン新たな設定が見られるけれど市場にマッチしているかやや不安です。

 KUMHO は「WINTERCRAFT ice Wi61」と、新たな投入のSUV/4×4専用「WINTERCRAFT SUV WS61」で望みます。冬用タイヤは WINTERCRAFT で統一、グローバルブランドとして世界共通です。

ユーザーの視点も厳しくなる

 安さとこのレベルなら、で勢いを得たアジアンスタッドレス、しかし実際性能面での見極めも進みます。中にはスタッドレスとしては難しいかな、も無い訳じゃありません。ここを高性能、と謳っても厳しい。ピンキリの性能差はメージャーよりも更に大きい。淘汰は勢い進みます。

ズバッといった製品も

 昨シーズン最大進化を実現した結果、興味がそうでもなかったブランドが存在します。またフェードアウト間近の雰囲気など正直半端でしょ、なのは魅力に繋がりません。従ってここは迷わずズバッといきました。MAXTREK、OVATION、MAXXIS、NITTO などラインアップから削除しています。残念だけどショウガナイ・・

スタッドレスタイヤリアルレポート

 NANKANG「ESSN-1」を購入し装着しました。雪路、アイス、シャーベット、ドライ、ウェットなど様々な走行環境を体感しインプレッションをお届けします。信頼性への導きは可能か? アジアンスタッドレスの興味最大化へ向けてその性能に迫ります。

winter

スタッドレス&ホイールセット

 価格的な魅力を打ち出すアルミホイールを、アジアンスタッドレスとのセットで掲載します。掲載アルミホイールはデザインへの拘りと軽量化も図られ、そして何と言ってもコストパフォーマンスに優れています。

winter

関連情報

【東北地方】冬用タイヤ装着状況調査 2017
【北海道】冬用タイヤ装着状況調査 2017
▲TOPへ
▲TOPへ戻る