NANKANG(ナンカン)-アジアンスタッドレスタイヤ比較

NANKANG(ナンカン)-アジアンスタッドレスタイヤ比較

nan_image01

 NANKANG(ナンカン)のスタッドレスは、それまでの「SN-1」からアシメトリック(左右非対象)デザインを採用した「ESSN-1」へ移行、これにより全体を牽引する役割を担います。

 また SVシリーズは比較的容易な環境での走行に方向付けされます。都市型タイプ、と言い換えることも出来そう。初期型「SV-1」は設定サイズが最小になったのでフェードアウト対応です。「SV-2」は従来を維持するも新たに「SV-3」を投入、徐々に移行が進むのでは。

 SUV/4×4専用の「SV-55」は昨シーズン以上に注目します。都市型SUV、いやCUVをターゲットに展開の拡大を図っています。そうサイズ数のアップです。これ非常に重要なこと、サイズ数の拡大=強化ですから。

 NANKANG はアジアンタイヤ黎明期からスタッドレスへの拘りが見られます。国内投入は10年以上経過し、市場の特性は十分理解しているはず。今シーズンも中心的な役割を果たしていくのは間違いないかと。

(2017.10更新)
【TOPICS】

2017-2018 NANKANG の特徴

nan_image02

 NANKANG(ナンカン)のスタッドレス、2017-2018年シーズンは「ESSN-1」をメインに「SV-2」が続き、「SV-55」がSUV/4×4専用としてフォローします。

 昨シーズン当初は黎明期から注目された「SN-1」が、「ESSN-1」を補完する位置付けにありました。また「SV-1」も同様に「SV-2」を支えます。しかし、新シーズンは双方とも残念ながらその役割を終えることに。

 そこに投入されたのが「SV-2」の進化として「SV-3」、更には「ICE-1」です。これにより展開は一新、活性化が再燃します。

メインは3製品が理想だけれど・・

 今シーズンは「ESSN-1」をフラッグシップに、「SV-3」と「ICE-1」の3製品で乗用車用の構築を図りたい。ただ導入間もない「SV-3」と「ICE-1」はサイズ展開に不安が残ります。従って当面は「ESSN-1」に「SV-2」の展開になるも、早急にサイズ拡大を図るが理想です。

「SV-3」そして「ICE-1」登場!

 「SV-3」は名称から「SV-2」を超えるもの、という理解を深めます。またアイストラクションを強化し、対象をセダンやスポーツへ向けた「ICE-1」は更に異なる方向を目指します。双方で正常展開が実現すれば魅力はかなり大きいはず。

商用車用は・・

 「SL-6」と「SNC-1」が商用車用としてラインアップされています。長期に渡り導入が継続しており特定の需要ありでしょうね。ただこのカテゴリーは奥が深く難しい。過去「SL-6」をラインアップするも挫折しました。その後実現せず。

NANKANG ESSN-1リアルレポート

 実購入し体感、その印象を伝えます。「ESSN-1」は2014年シーズンに購入、そこから3シーズンに渡り様々を体感しました。レポートでは購入に至る経緯、考え方について示します。

 ここをスタートに冬性能で最も興味のあるアイス性能を詳しく。そして雪路、ドライ、ウェット、燃費に至るまで報告しています。感じ方は意地悪く斜めからも試します。果たしてどうよ? 是非確認して欲しい。

winter

NANKANG性能比較

*性能評価バーは各カテゴリー内での評価を対象としています。他のカテゴリーとの評価を比較するものではありません。
*性能評価バーはタイヤメーカー等の指針を参考にしたものであり、タイヤの絶対的な性能を示すものではありません。

乗用車用スタッドレスタイヤ

NANKANGフラッグシップとしての先進性を誇る
-オートウェイ-
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 3

「ESSN-1」はアシメトリック(左右非対称)デザイン採用により、冬のあらゆる路面環境において安定、信頼性能を謳う。従来品に比べより先進技術を強調し高性能を訴え、国内におけるNANKANGスタッドレスの更なる拡大を狙う。

性能詳細は NANKANG ESSN-1 の特徴 で確認を。
アイストラクションを謳う方向性
-オートウェイ-
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 2

方向性のある左右対称パターンを採用し、アイストラクションを強化し対象をセダンやスポーツへ向けている。既存の「ESSN-1」や進化した「SV-3」との違いを明確化し新たな役割を貫徹する。

性能詳細は NANKANG ICE-1 の特徴 で確認を。
V字パターンが更に進化し洗練化
-オートウェイ-
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
  • 2

従来品「SV-2」の後継となるスタッドレス。V字パターンの特性を継承しながらもサイプの刻みが洗練化、全体的なレベルアップを強く感じる仕上がりになっている。目指すのはグローバルでの有効性。

性能詳細は NANKANG SV-3 の特徴 で確認を。
ドライ、ウェット性能での優位性を得る
-オートウェイ-
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 3
  • 4
  • 3
  • 4
  • 3

2011シーズンから導入が開始された。従来の「SV-1」の基本形状を踏襲しつつより繊細さを得た。円周V字四溝設計 による進化で、氷雪性能そしてドライへの拘りが謳われる。その効果によるアップグレード感は相当大きい。

性能詳細は NANKANG SV-2 の特徴 で確認を。

SUV/4×4スタッドレスタイヤ

NANKANG期待の最新性能を搭載する
-オートウェイ-
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 4
  • 3
  • 4
  • 2

縦溝は4本で溝面積比36%を誇り排雪性への効率化を図る。ショルダーにはパターンブロック同士をリンク、刻まれるペレット型サイプは雪路、そしてアイス路面でグリップ力を高める。

性能詳細は NANKANG SV-55 の特徴 で確認を。
▲TOPへ
▲TOPへ戻る