NEXEN(ネクセン)-アジアンタイヤ比較

NEXEN(ネクセン)-アジアンタイヤ比較

nexen

 NEXEN(ネクセン) は韓国のタイヤメーカーです。歴史は古く1942年にその基礎が築かれ、1956年には韓国初の自動車タイヤV型の60シリーズを開発、長年にわたり蓄積されてきたノウハウや技術力は大きい。

 2000年に Woosung Tire(ウソンタイヤ)から現在の NEXEN Tire へ社名を変更し、オリジナル性の高いタイヤ造りを企業理念としています。

 現在 NEXEN の韓国国内での市場占有率は20%以上という。ハンコック、クムホについで第3位のポジションとなり、世界120カ国以上に進出。中国工場の完成により更に生産の拡大を目指し、世界的なブランド NEXEN として前進を遂げているグローバル企業です。

NEXENの国内ラインアップ傾向

 NEXEN のラインアップは、UHP(ウルトラ・ハイ・パフォーマンス)に位置付けられる N シリーズ、HP(ハイ・パフォーマンス)の CP シリーズ、スタンダードを謳う SB シリーズ、そしてSUVの ROADIAN シリーズなどがメインになるかと。

 国内タイヤ事情、そして世界は低燃費への風潮を強め、その追求がアジアンタイヤへも向けられています。NEXEN はこの影響で現状の N シリーズから新たなブランド展開を開始しています。

 「N´Blue HD」は従来品比較で15%の転がり抵抗の低減が示され、シリカベースのコンパウンドを採用、グリーンテクノロジーによる効果を強調しています。更には「N´Blue HD Plus」の投入で念願の低燃費タイヤ化を実現しました。

 グローバルでは更なる高位への動きを構築し、N´FERAシリーズ によりスポーツタイヤの拘りを維持しながらもプレミアム路線を強化しています。その結果、フラッグシップを誇っていた「N9000」がその位置を譲る展開です。

 アジアンタイヤもスポーツタイヤオンリーからの脱却により多様性を示すことは重要。その点で NEXEN の方向性は今後の道しるべになるのでは。

 但し、グローバルに対して日本国内での動きはやや異なります。スポーツ、スポーツコンフォートを展開する N シリーズ、そしてコンフォートの CP シリーズなど、従来ブランドがメインとしての役割を維持しています。

 グローバル同様の展開には期待が大きい。しかしながら国内への導入事情はやや複雑化しており現状の流れが最適、と判断されているのでしょう。NANKANG 同様アジアンタイヤ黎明期から注目される NEXEN、現状維持でもそのパフォーマンスは決して低いものではありません。

 少し気になるのはフェードアウトが目立つかな。新たな注目を得るための整理となれば大歓迎。単なるフェードアウトオンリーでは寂しさが際立つだけ。今後の動きに大注目です。

注目製品はこれだ!

 アジアンタイヤの需要拡大に影響するのは性能と価格、そしてサイズ展開です。普及著しい製品は特に3つ目となるサイズ展開に優れています。NANKANG なら「NS-2」、「NS-2R」、ATR RADIALは「ATR SPORT」、「ATR SPORT2」、PINSO Tyres「PS-91」など、いずれも相当数のサイズを揃えています。

 NEXEN でもそこに注目すると、そう「N8000」が凄い。その数30を超えており「N9000」よりも多いんです。数だけなら「N5000」が更に上回るも、スポーツコンフォートにポジショニングされカテゴリー横断の役割に十分耐えられる、そこがポイントです。

 「N8000」はスポーツとコンフォートの性能特徴が絶対的ではないにしろ、どちらにも評価できる器用さが、逆に特徴として受け入れられそうです。またサイズ拡大による汎用性の高さは「N8000」の評価を高めることにも繋がります。是非注目して欲しい。

 そうそう N シリーズは、グリップ性能に優れた「N3000」、その高性能パターンとしての「N9000」、より快適性を発揮するコンフォートに「N7000 Plus」、「N7000」がラインアップされます。「N3000」、「N9000」と「N7000」の間には溝が大きい。これを埋めるのが「N8000」です。

タイヤ情報

NEXENタイヤ性能比較

スポーツ

NEXENのスポーツタイヤとしてトータル性能の高さは秀逸
-オートウェイ-

UHP(ウルトラ・ハイ・パフォーマンス)にポジショニングされ極上のタイヤ性能を訴える。アジアンスポーツとしての評価は高レベルになるのでは。「N3000」のグリップ力に対して、剛性、ウェットを含めトータル性能の高さが最大の主張点。

詳細は NEXEN N9000 の特徴 で確認を。
高いグリップ性能が特徴。全体のバランスも決して悪くない
-オートウェイ-

V字型のトレッドパターンによりドライ&ウェットで安定性を維持するスポーツタイヤ。「N9000」出現以前には最大のグリップ評価を得ている。ウェットでの高速安定性の維持も強調している。

詳細は NEXEN N3000 の特徴 で確認を。

スポーツコンフォート

オールラウンドに優れたスポーツコンフォートタイヤ
-オートウェイ-

「N8000」のポジションを示すならグリップ性能では「N3000」には敵わない。トータル性能では「N9000」に続く。同じスポーツコンフォートタイヤであった「N1000」、「N6000」とは運動性能にやや劣り快適性で勝る。

詳細は NEXEN N8000 の特徴 で確認を。

エコ(低燃費)/コンフォート

「N7000」から Plus 進化で更なる上質さを実現する
-オートウェイ-

Plus の本質はコンパウンドの変更。従来「N7000」の特性は「N5000」の性能を踏襲し乗り心地と静粛性による快適性が更に高性能化したこと。「N7000 Plus」へはこれ以上のオールレベルアップが託されている。

詳細は NEXEN N7000 Plus の特徴 で確認を。
コンフォート性能を進化させた上質のタイヤを謳う
-オートウェイ-

快適性能を進化させたコンフォートタイヤ。4本の縦溝と複数の横溝が効果的に耐ハイドロプレーニング性を確保しウェット性能を高めている。「N5000」の進化が「N7000」で見られる。高い快適性を感じて欲しい。

詳細は NEXEN N7000 の特徴 で確認を。
NEXEN 初の国内低燃費タイヤ。待望の登場!
-オートウェイ-

従来品「N´Blue HD」を低燃費タイヤ化したものが「N´Blue HD Plus」かと。注目のラベリング制度は、転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「a」(「b」「c」)。価格的にもこれまでのアジアンタイヤを踏襲している。

詳細は NEXEN N'blue HD Plus の特徴 で確認を。
コンフォートスタンダードの特徴を最大限訴える
-オートウェイ-

コンフォートタイヤのスタンダードとして同社の N シリーズとは一線を画す。より高位の性能では N シリーズに及ばないが、静粛性への拘りを訴えることで、スタンダードタイヤへ快適性という点で不満がある人にお勧めのタイヤと言えそう。

詳細は NEXEN CP672 の特徴 で確認を。

スタンダード

トータルに優れたスタンダード
-オートウェイ-

幅広の3本構成のストレートグルーブが特徴。効率的な排水効果を狙い、ウェットでのブレーキングに自信を示す。PBタイヤとは異なりメーカーが訴えるタイヤ性能は信頼への導きが高まっている。価格も魅力あるか。

詳細は NEXEN N'priz SH9j の特徴 で確認を。

SUV

ROADIAN HP (H/T)
高速安定性、静粛性そして快適性を強調する
-オートウェイ-

オンロードでの高速安定性、静粛性そして快適性が特徴とされ、大型のSUV車やインチアップなどに対応。トレッド面には両サイドに2本の太溝が刻まれ、そのセンターには V をイメージできるデザイン。見た目、ワイド&ローのデザインと言えそう。

詳細は NEXEN ROADIAN HP の特徴 で確認を。
ROADIAN A/T (A/T)
A/Tでありながらオンロードの特徴を見出す
-オートウェイ-

SUVタイヤのオン・オフ対応のオールラウンド=A/T(All Terrain)にポジションニングされるタイヤ。オフについてはエマージェンシー的と割り切り、オンでの性能に期待することでタイヤへの評価に繋がるか。

詳細は NEXEN ROADIAN A/T の特徴 で確認を。
▲TOPへ
▲TOPへ戻る