アジアンタイヤのカテゴリー展開

アジアンタイヤのカテゴリー展開

cate

 コストパフォーマンスに優れているアジアンタイヤ、見出されたのはドリフトユーザーからかな。利用価値の高さを示したことは既説の通りです。しかし、現在の普及状況を考えるとそれだけではないでしょ。

 車種特性を踏まえカテゴリーへ最適な製品投入を図ることで、ドリフトユーザーに留まらず一般ユーザーへも主張を高めたのでは。ここが重要。タイヤはいずれかのカテゴリーに括られます。これにより愛車に最適な製品としての選択が可能。

 カテゴリーでフラッグシップを誇ってきたのはスポーツです。グリップ性能の高さが特徴となりハイレベルなタイヤをラインアップします。しかし、現在車種構成の多様化によりカテゴリー展開も複雑化しています。投入される製品はカテゴリー特性に見合う製品が望まれます。

 正直アジアンタイヤはカテゴリー間での区分けに曖昧さも見られ、専用性への拘りが必ずしも統一されたものではありません。でもプラス発想で展開しカテゴリー横断の可能性を見出します。特に剛性面で優れるスポーツは、汎用性に対して最も大きな可能性を示します。

(2017.6更新)

アジアンタイヤ性能比較

スポーツ
メーカーにとってスポーツカテゴリーへの投入は露出拡大への近道。スポーツへ拘る姿勢は注目の度合いを高め、他との共存でも可能性の高まりが期待出来る。これにより多くのラインアップを実現し、選択肢の広がりが魅力あるカテゴリーを構築する。
スポーツコンフォート
スポーツの絶対的なグリップ性能には及ばないまでも、程よい快適性を備えることで性能の両立を実現する。スポーツをベースにコンフォート性能を持つタイプと、コンフォートをベースにグリップ性能を持つタイプに区分け。
コンフォート
アジアンコンフォートの訴求は、静粛性や乗り心地にポイントが置かれ方向性として曖昧さは感じない。しかし、高度な快適性を発揮する製品から更なる性能向上が強く望まれるものまで、性能差が最も大きいと感じられる。
ミニバン
アジアンタイヤで明確にミニバンタイヤを主張する製品は最小かな。そこでバランス重視を念頭に、スポーツコンフォートと剛性を保持するコンフォートからピックアップ。まずはNANKANG「NS-20」、サイズ設定数が多くミドルクラスのミニバンまでなら耐えられるかと。
スタンダード
近年はプライベート(PB)タイヤを謳う傾向に流れている。グローバルで大手と言われるディーラーが、中国やインドネシア等で製造した製品を展開。現状は実績を示す銘柄が多く、先入観だけで評価判断出来ないレベルにあるのでは。
SUV
4×4タイヤを含め一括でSUVタイヤカテゴリーを構築。オンロードだけではないSUV全体カテゴリーとして機能する。製品展開は NANKANG、NEXEN、ATR RADIAL に傾倒。特に NANKANG はカテゴリーを細分化する全ての区分けに対応。
エコ
ラインアップで低燃費タイヤの規定を満たすのは、NEXEN「N'blue HD Plus」、それにNITTO「NT421Q」の2製品。正直これではカテゴリー展開が難しい。そこでエコに拘る製品もラインアップ。但し実性能に対する根拠の曖昧さはショウガナイ・・
▲TOPへ
▲TOPへ戻る