アジアンタイヤ比較(メーカー展開)

アジアンタイヤ比較(メーカー展開)

hikaku

 アジアンタイヤをメーカー別に比較、として一覧表示します。台湾、インドネシア、韓国、中国など新興メーカーを中心に、最新の製品展開を詳細に伝えます。

 タイヤの括りは車種への装着を鑑みると、まずはカテゴリー別で検討されるのがいい。ただメーカーへの意向もあるだろうしそこは譲れない、として拘りを持つ人も。

 多面的な方向性から比較検討するのが理想です。その点でメーカー展開は沿革等にも触れており、詳細に製品情報を探ることが可能です。アジアンタイヤは大丈夫? という疑念にはメーカー理解から深めることをお勧めします。

 掲載するのは最新12にも及ぶメーカー(ブランド)です。黎明期には NANKANG、NEXEN、ATR RADIAL、FEDERAL など現在も注目されるメーカーがその礎を築いています。そこから10数年が経過し展開も随分様変わりしています。

 近年はメーカーよりもブランドの特色を色濃く打ち出すのが顕著です。新興国製タイヤ、と示されるケースが増え、アジア諸国メーカーが製造するグローバルタイヤディーラーのPBタイヤさえもその範囲に加えます。

 更には欧州関連でも安さを見出すことで括り付けている、何とも曖昧で強引な認識になりますが、注目は決して低くないのが興味です。

 それらは、RADAR、ZEETEX、HIFLY に次いで MAXTREK、MINEVA、MOMO、そして OVATION など。既存のいわゆるアジアンタイヤに入れ替わり、これらPB関連の台頭は既に欠くことの出来ないものになっています。

 ここで異質なのが NITTO になるのかな。存在がアジアンタイヤを超えるのは明らかです。しかし、敢えて位置付けを図り国内における トーヨー との差別化に繋げます。

(2017.8更新)

メーカー別性能比較

nankang
NANKANG(ナンカン)は台湾のメーカー。英語名で NANKANG Rubber Tire、中国語名で 南港輪胎。国内における認知は抜群でアジアンタイヤの代名詞となる。製品ラインアップも豊富。
atr radial
インドネシアの PT Multistrada Arah Sarana Tbk.=通称 MASA がメーカーとなる。国内では ATR RADAL(エーティーアール ラジアル)の独自ブランドで展開される。1991年に設立、ピレリやコンチネンタルとの技術提携関係を経る。
nexen
NEXEN(ネクセン))は韓国メーカー。1942年にその基礎が築かれ、2000年に Woosung Tire(ウソンタイヤ)から現在の NEXEN Tire へ社名を変更。世界レベルでシェア拡大を目指す。
hifly
HIFLY(ハイフライ)は中国工場で生産し、北米、欧州など世界各国で販売さる。日本へはアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって供給、そして日本輸入販売店となるのが オートウェイ。
zeetex
ZEETEX(ジーテックス)は、ドバイを拠点にしている大手ディーラー ZAFCO のPB。ZAFCO は1993年に設立し世界85カ国以上に進出する。製造は中国、インドネシアなどで行う。
momo
MOMO(モモ)は、ブリヂストン・ピレリ・ミシュラン・コンチネンタル等のOEM供給をしているイタリアのタイヤ製造会社 UNIVERGOMMA社の傘下になったのが転機。これによりタイヤブランドとしての MOMO が誕生した。
radar
RADAR(レーダー)は、シンガポールに本部を置く omni 社が運営するPBタイヤ。製造は中国、そしてインドネシアでも行われている。グローバル展開を謳い、製造技術も最先端の技術を用いて日本市場へのマッチングに自信を示す。
minerva
MINERVA(ミネルバ)と読む。MINERVA はベルギー生まれの有名な自動車メーカーの一つだった、という。1992年にコンチネンタルによってタイヤブランド MINERVE の提供が開始される。
ovation
OVATION(オベーション)は中国工場で生産し、北米、欧州など世界各国で販売さる。日本へはアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって供給、そして日本輸入販売店となるのが オートウェイ。
maxtrek
中国メーカーとして2006年に設立された。広東肇慶駿鴻実業有限公司 が企業名、そのブランドが MAXTREK(マックストレック)となる。
federal
FEDERAL(フェデラル)は台湾のメーカー。1954年に設立され、1960~1979年まではブリヂストンと、1981~2000年までは住友ゴムとの技術提携が行われる。595 シリーズはグリップ力に優れたスポーツタイヤをラインアップ。
nitto
NITTO(ニットー)はトーヨーの輸出用ブランド。北米を中心としたコアなファンに熱烈な支持を受ける。1949年日東タイヤ(株)が設立される。1960年代に米国進出を果たすも紆余曲折を経てトーヨーへ吸収合併。
▲TOPへ
▲TOPへ戻る