アジアンタイヤの規格

アジアンタイヤの規格

 タイヤの規格としては、日本のJATMA(ジャトマ:日本自動車タイヤ協会)、欧州のETRTO(エトルト:欧州タイヤ及びリム技術機構)=STD(スタンダード) ・ RFD(レインフォースド) / XL(エクストラロード)、米国のTRA(ティ-アールエー)などがあります。RFD / XLは同じと考えてよいかと。タイヤメーカーでは、これらの規格に沿ってタイヤの製造をしています。

 アジアンタイヤは、主にETRTOのSTD(スタンダード)規格か、RFD(レインフォースド)/XL(エクストラロード)規格がメインですす。RFD / XLの特徴は「タイヤ内部の構造を強化することで、空気圧をSTD(スタンダード)規格対比高めに充填することもでき、同一タイヤサイズ(セクション・偏平率・径)のSTD規格のタイヤより高い負荷能力を発揮できるタイヤ」だという。これブリヂストンによるもの。

 JATMA ・ ETRTO STDでは最大負荷能力の空気圧は2.5kPaですが、RFD / XLでは2.9kPaになり、高い空気圧により負荷能力が高くなっています。重さを支えるにはタイヤ内部の容積を大きくする必要があり、RFD / XLでは同サイズでもロードインデックス(LI)が大きいので、高い空気圧でより重さを支えることが可能となります。

 従ってタイヤサイズが同じでも、規格によってロードインデックス(LI)が異なったり、空気圧設定にも違いが出てきます。その為に新車装着とは規格が異なるタイヤを装着する場合、その規格に合った適正な空気圧にする必要があります。

例1 新車装着(JATMA規格)215/45R17 87W、指定空気圧240kPaを、(XL規格)215/45R17 91W XLにする場合

●JATMA規格
 215/45R17 LI(ロードインデックス)87 240kPaの付加能力=545kg

●XL規格
 215/45R17 LI(ロードインデックス)91 545kgの空気圧=250kPa

例1 XL規格のタイヤでも、JATMA規格のタイヤと同じ空気圧で、同じ負荷能力を発揮する場合もある。

●JATMA規格
 225/55R17 LI(ロードインデックス)97 210kPaの付加能力=635kg

●XL規格
 225/55R17 LI(ロードインデックス)101 635kgの空気圧=210kPa

例1 インチアップで(JATMA規格)195/65R15 91Hを、(XL規格)215/45R17 91W XLにする場合

●JATMA規格
 195/65R15 LI(ロードインデックス)91 230kPaの付加能力=600kg

●XL規格
 215/45R17 LI(ロードインデックス)91 600kgの空気圧=280kPa

詳しくは タイヤ管理の基礎知識-「オートウェイ」 で確認できます。更に詳しいのは 空気圧別負荷能力対応表-「ブリヂストン」 かな。

アルミホイール
ホイール比較
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る