アジアンミニバンタイヤ性能比較表

アジアンミニバンタイヤ性能比較表

minivan

 ミニバンカテゴリーは後発です。その出現までは剛性の高いスポーツタイヤなどによってフォーローがなされていました。

 しかし、ミニバンや1BOXは車重があり、また車そのものの重心が高い為に、コーナーリングの時タイヤの外側に荷重が移りやすくなります。これにより外側が大きな荷重に耐えられるタイヤでなくてはなりません。その為によりクルマとの相性がよい専用タイヤとしてミニバンタイヤが出現したのです。

 ミニバンタイヤは外側と内側のサイドウォールの強度を変えることにより、クルマをしっかりと支えながらも強いグリップ力を発揮し、タイヤの片減りや偏磨耗、走行時のふらつきなどに対応し快適な乗り心地を実現しています。

アジアンミニバンカテゴリーの位置付け

 アジアンタイヤでは明確にミニバンタイヤを主張する製品は僅かです。既存ではスポーツやスポーツコンフォートなどの一部が代用として役割を果たしています。

 ミニバンタイヤに最も求められるのはふらつきや偏磨耗などの抑制です。タイヤ剛性が影響し、代用としてのスポーツタイヤは安定性への信頼を得ることが可能です。但し、安定性と快適性とのバランスは必ずしも一致したものではありません。その為に特に快適性に関して高い満足感を得ることが難しいのです。

 対してコンフォートなら、高い快適性への実現が可能となります。が、剛性面での不安は残ります。その点で当初から快適性が期待できるスポーツコンフォートは、剛性と快適性双方への期待が得られそうです。

 それでも代用であることは、専用に比較して見劣り感が完全払拭とはなりません。より安定性と快適性が高位レベルで求められるなら専用に勝るものはありません。ではなぜアジアンタイヤへはミニバンタイヤが少ないのか。

 恐らく世界的規模での需要の問題と、先進技術投与による価格への影響かと。ミニバンに対して商用バンのイメージが強い海外では、専用タイヤを投入しても乗用車並みの大きな需要になりにくい。また先進技術の投入は高性能化への道筋が期待され、その実現は既に可能なはずです。しかし価格高騰への影響は避けられません。この点で積極性が発揮できない。いずれも想像ですが・・

 国内でミニバンは既にカテゴリーとして熟成された分野であり、アジアンタイヤとしてのミニバン専用タイヤの出現は最も望まれるところです。

2016年の特徴

 2016年ミニバンカテゴリーのラインアップは、正直苦しい展開が見て取れます。ミニバン専用を謳うのは僅か、そうFEDERAL「FORMOZA FD2」くらい。他は代用を強いられているのが現状かと。

 現在ラインアップされるタイヤは、出来る限り兼用を避けるべく掲載するも限界が。よって大型ミニバンなどには剛性への懸念が付きまといます。そこで代用ならスポーツへ目を向けるべき。但し今度は快適性への不満が・・ となれば、バランスを考慮しスポーツコンフォートです。専用タイヤが望め無い現状ではこれが最適と判断します。

 スポーツコンフォートの程よいバランス性能を有する、NANKANG「NS-20」はサイズ設定数が多い。ミドルクラスのミニバンまでなら期待感を示せるかと。

(2016.4更新)

アジアンミニバンタイヤ性能比較

*性能評価バーは各カテゴリー内での評価を対象としています。他のカテゴリーとの評価を比較するものではありません。
*性能評価バーは商品販売先等の評価を参考にしており、タイヤの絶対的な性能を示すものではありません。

NANKANG

バランス性能が拡大している。扱いやすさが好印象
-オートウェイ-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3

「NS-2」の進化というよりはバランスの取れた性能を更に拡大したタイヤ、という捉え方が理解されやすい。その為、ターゲットは「NS-2」の装着を対象とするスポーツ車より、走りと快適性を求める方向付けがマッチする。

詳細は NANKANG NS-20 の特徴 で確認を。
カテゴリーを横断してタイヤフォローを実現する器用さが評価
-オートウェイ-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3

ウェット性能と静粛性、そして偏磨耗の抑制に優れたコンフォートタイヤ。国内導入サイズはカテゴリーを横断する汎用性は感じられるものの、車種の絞込みが強く、カテゴリー内での車種フォローは随分限定されるかも

詳細は NANKANG N-605 の特徴 で確認を。
ミニバン専用タイヤとしても耐えられる使い勝手の良さが評価
-オートウェイ-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4

ノイズを抑えた高い静粛性能と高品質ラバーコンパウンドの使用により、安定したグリップ力と排水性を高めウェットでの安定性を発揮。軽カーからセダン、ミニバンまで対象にし、使い勝手の良さがある。

詳細は NANKANG XR611 の特徴 で確認を。

FEDERAL

「FORMOZA FD1」の進化。ミニバン対応にも得意性発揮
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 3
  • 4
  • 3
  • 2

「FORMOZA FD1」の進化。乗り心地と快適性の向上に重点が置かれ、更にアジアンタイヤではまだまだ少数のミニバンや1BOXへの装着も推奨されている。

詳細は FEDERAL FORMOZA FD2 の特徴 で確認を。

SONAR

NANKANG と共通性により静粛性を訴えるコンフォート
-オートウェイ-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4

静粛性を訴えるコンフォートタイヤ。特徴はメインブランドであるNANKANG「RX615」との共通点を感じさせ、コンピュータ化した「マルチピッチシミュレーションテクノロジー」採用によるデザインは、コンフォートタイヤとしての期待感を示す。

詳細は SONAR SX608 の特徴 で確認を。
▲TOPへ
▲TOPへ戻る