アジアンタイヤ リアルレポート

アジアンタイヤ リアルレポート

n7000+

 2013年2月に購入した「ATR SPORT2」、そこから3年経過、新たなタイヤを購入しました。迷ったのはNEXEN「N7000 Plus」とNANKANG「AS-2+」です。同じ プラス 進化ながら前者はコンフォート、対して後者はスポーツコンフォートです。非常に迷った。

リアルレポートへ (2016.7.5 ~)

NEXEN「N7000 Plus」詳細

atr sport2

 お試し価格中なのか? お買い得価格が正しいでしょう。「ATR SPORT2」215/45R17買ってしまいました。あまりの安さにどうした「ATR SPORT2」という感想も、ただ当初から気になる存在でしたのでいい機会ととらえ購入したわけです。さて、その印象はどうか!

リアルレポートへ (2013.2.5 ~ 2015.11.9)

「ATR SPORT2」詳細

n6000

 愛車のタイヤはもう限界。昨年のスタッドレスタイヤ交換前までだましだまし使ってきましたが、そろそろ安全性に問題がありそうなので新品タイヤへの交換を決意します。でも家計は厳しくタイヤ代を捻出するのは自分の小遣いで。ここは時代に乗り?アジアンタイヤの選択を決意する。

リアルレポートへ (2009.4.6 ~ 2012.7.9)

NEXEN「N6000」詳細

「オートウェイ では、タクシーに「CX668」を装着し耐久テストを実施、その結果を公表しています。タクシーの走行距離は半端ではありません。でも一般的なタイヤの耐用を3万kmとして見た場合、悪くない結果が見られるよう。

NANKANG「CX668」詳細

 オートウェイ では、トヨタ・ヴィッツに「CP672」を装着し耐久テストを実施しています。装着サイズは、175/65R14 82Hです。2012年7月2日時点では、走行距離1,625km、残溝は7mmです。継続してデータ計測が示されるそう。

NEXEN「CP672」詳細

▲TOPへ
▲TOPへ戻る