トーヨー PROXES C1S

トーヨー PROXES C1S の特徴

  • カテゴリー:プレミアムコンフォートタイヤ
  • サイズ:15~22インチ
  • 扁平率:65~25%
  • 発売:2009年1月

タイヤ性能

 トーヨー「PROXES C1S」は、同社のハイパフォーマンスブランド PROXES にポジショニングされるプレミアムコンフォートタイヤです。

 大型のセダンや高出力車をターゲットにしており、カテゴリーに求められる静粛性や上質の乗り心地などは当然のこととして、高速スタビリティ(安定性)を加味することで、走りと乗り心地を兼ね備えたタイヤであることが謳われています。

製品特性は多彩

 特徴として挙げるのはまず左右非対称パターンの採用です。IN側では静粛性と乗り心地に貢献することが主性能、OUT側では高速スタビリティ(安定性)の実現を示しています。

 構造で目立つところは4本のストレート溝。トレッド面に幅広く掘られており、排水性の向上と静粛性が狙いでは。特に静粛性はストレート溝の側面にパターンノイズを低減する サイレントウォール が採用され、走行時に発生しやすい ヒュー音 を抑えノイズ低減を図ります。

 また、OUT側に採用されたメディエイトワイドリブ&ディンプルグルーブは、リブ剛性のアップにより高速での安全性を高め、最適化で乗り心地を向上させています。ショルダー面には5バリアピッチを採用、パターンブロックの大きさを5種類組み合わせて並べ方を変え、音を分散化しパターンノイズの低減化を図っています。

 内部では、両サイドのショルーダー内にノイズを吸収する効果の高い ノイズプロテクションシート が配置され、路面からの振動で発生するロードノイズの ゴー音、ガー音 を低減し、路面を選ばず常に高い静粛性を目指しています。

エコ性能をアップ

 「PROXES C1S」はエコ性能も備えたタイヤであり、従来品「PROXES CT01」と比較して、約10%(同社テストデータ)転がり抵抗を低減しているという。更に車輌シミュレーション でレーンチェンジの解析を実施した結果、車の挙動の膨らみが小さくなっており、安定性能向上が図られたことを訴えています。

トータル評価はどうよ?

 「PROXES C1S」はトレッド面そして内部など様々な最新技術が導入され、見た目にも高性能な雰囲気を高めています。しかし、このカテゴリーでは個性化をどれほどアピールできるかが重要です。その点からするとやや平均的な印象かな、とも思われますが・・

 しかし、PROXES ブランドの充実を図るトーヨーの期待製品でもあり、その主張は響いています。ただ、投入から一定期間経過しており基本性能の古さは否めません。なお2014年に発売された「PROXES C1S SPEC-a」で低燃費タイヤ化を実現しています。

インプレッション

色々海苔 さん
【購入年月】
2015年4月
【装着車種】
BMW 740i
【装着サイズ】
245/45/19 275/40/19
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 3
【インプレッション】

以前の車にも履かせていたトーヨー PROXES C1Sを迷うことなく選びました。

XLなのですが空気圧を高めにすると、かなりゴツゴツな乗り心地になります。その車に適している空気圧にすれば、固くもなく腰砕け感もないですが空気圧に敏感なタイヤです。

このタイヤの一番優れていると感じる点は高速道路での直進安定性ですね。海外でもトーヨーは昨今人気タイヤになっているのが、この部分が優れているからではないかと思う程です。

グリップは特に悪くもなくビュンビュン責めるタイヤでもないですね。
雨の日も不安になる感覚になったことはありません。
静粛性は道路が荒れていると、それなりの音はしますがヴューロがコツンと段差で鳴ればC1Sはコトンとタイヤの中で少し響く感じです。

この性能でBやYやD社製なら値段が1.5倍はすると思います。
それぐらい低価格でいいタイヤです。

(2016/2/1)

詳細情報・購入

(2017.2更新)

トーヨー PROXES C1S のインプレッション募集中です

タイヤ情報
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る