サイバーネット ツインロックⅡ

サイバーネット ツインロックⅡ の特徴

  • 非金属チェーン(樹脂製)
  • 外側ロック機構
  • 超硬スパイクピン
  • ウレタンエラストマー

タイヤチェーン性能

 「サイバーネット ツインロックⅡ」は、新開発の外側ロックとネット側面のストレッチ機構を新たに採用しクルマの移動無しで簡単着脱。超硬スパイクピンが強力なグリップを発揮、そして抜群の耐久性をも誇るという。カーメイト「バイアスロン クイックイージー」に迫れるのか、注目の製品です。

進化したハイスペックモデル

 ベーシックモデル「サイバーネット」は、圧倒的なコストパフォーマンスと乗り心地に特化しています。そこに登場したのが「サイバーネット ツインロック」だったかと。ただ当初は一部での専売品が謳われていたけれどその後は・・? そしてこれを従来品とし進化したのが「ツインロックⅡ」です。

ツインロックⅡ の特性

 まずは作業の容易さが謳われます。ジャッキアップ、そしてクルマ移動も無しで簡単着脱可能です。超硬スパイクピンがグリップ力を発揮、更には抜群の耐久性と安全性を誇ります。雪道もアイスバーンも効きへの自信ありかな。

装 着

 新開発の外側ロック機構は、付属のロックハンドルでロックアームを回転しロックします。回転が残り1/3程度になると力をかけず吸い付くように自然にロックが完了。ハンドルを回す力が軽減されます。

 また柔軟に伸びるネットサイドのストレッチ機構の採用でネットの引き寄せがラク、ロック回転時に抵抗の原因となるネットの無理な引き寄せをストレッチさせることでスムーズなロック作業を実現します。

超硬スパイクピン

 スパイクピンには超硬合金を使用しマカロニピンタイプを採用、スパイク突出量は4.5mmで車両加重を直接路面へ伝えます。ネット部分で1段、ベースとなるシャンク高さを更に1段上げ、最上部に超硬マカロニピンをセットしました。スパイクまわりの突起を小さく減らし、個々のスパイクが最大限に威力を発揮出来る設計です。氷雪路面への食い込み、耐久性も向上しています。

ウレタンエラストマー

 ネット素材はウレタンエラストマーを採用、タイヤチェーンに不可欠な軽量・耐摩耗性・耐久性などに優れた特性が発揮されます。一般的に軽量化では耐久性への問題が懸念されます。しかし、相反する性能を最新素材の採用で双方とも実現しているということかと。これにより普通乗用車、ビッグセダン、大型ミニバン、SUVなどにも適合するという。

収 納

 専用ハードケースに収納します。本体以外にロックハンドル、作業用手袋、取説がセットされます。ケースはやや大ぶりかな。

詳細情報・購入

■ご注意
購入に際しては商品リンク先のショップで必ず装着可能かマッチングをお確かめ下さい。
(2017.9更新)

サイバーネット ツインロックⅡ のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る