ヨコハマ GEOLANDAR A/T-S

ヨコハマ GEOLANDAR A/T-S の特徴

  • カテゴリー:4×4タイヤ(A/T)
  • サイズ:15~18インチ
  • 扁平率:85~55%
  • 発売:2006年2月

タイヤ性能

 ヨコハマ「GEOLANDAR A/T-S」は、A/T(オールテレーンタイヤ)として万能性を追求したタイヤです。パターンデザインは、4本の深溝ストレートグルーブをトレッド面に適正配置し溝面積を確保。それにより耐ハイドロ性とウェット性能が謳われています。すべてのブロックにはDan2ブロック形状を採用、これはオフロードでのトラクション性能に貢献します。

 すべてのサイプ(細溝)には表面をくり抜いたデュアル3Dサイプ形状を採用、ブロックの倒れこみを抑制しオンロード性能、耐磨耗性能を向上させ快適な走りを実現します。更に乗用車用のラウンドブロック技術により、ブロックの先端部にラウンド加工を施し接地時のブロックエッジの動きを低減し、偏磨耗の発生とノイズ悪化を抑制します。

 「GEOLANDAR A/T-S」は、よりスパルタンなパターンデザインから見た目には走行ノイズが大きい印象、でも意外と抑えられ快適性も十分期待できるレベルにあるという。

 オールラウンドタイヤは比較的オフロードでの走行を得意とし、オンロードはやや劣るイメージです。対して「GEOLANDAR A/T-S」は乗用車への技術も投入されており、オンロードでの快適性は見た目以上に高い、と言えそう。ゴツゴツしたものとは別に快適性を示し、街中での走行でも違和感ない走りが実現できそうです。

 「GEOLANDAR A/T-S」は、オフロード、オンロードとも十分な性能保持が強調されており、トータル的なタイヤ性能が期待されます。

インプレッション

4WD さん
【購入年月】
2014年5月
【装着車種】
SJ5フォレスターSJ5フォレスター
【装着サイズ】
225/60R17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
【インプレッション】

オンロードのワインディング、高速グリップはドライ・
ウエット共に、ノーマルタイヤに比べて滑る事も無く良好。
乗り心地はマイルドで、静粛性はノーマルより若干劣る。
ダートや若干のオフローでは、ノーマルタイヤより高い
グリップ力を持つ。
寿命は8000キロ乗っただけでは耐摩耗も高い様に思えるが、
詳細は不明。普通に乗る分には、5万キロもつと思われる?

(2015/3/2)
デリカーゴ さん
【購入年月】
2008年4月
【装着車種】
デリカスターワゴン
【装着サイズ】
215/80R15
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 4
  • 3
  • 2
  • 3
【インプレッション】

グリップはそこそこで、コーナリング時に鳴ることがあります。タイヤが減ってくると、音がうるさくなってきます。なんとか3万キロ使えました。そろそろ新しいモデルが出るのではないかと期待しています。

(2012/5/25)

詳細情報・購入

(2016.3更新)

ヨコハマ GEOLANDAR A/T-S のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る