トーヨー SD-7(SD-k7) の特徴

ty_sd7
(2019.6更新)

製品情報

 トーヨー「SD-7(エスディー7)」は、低燃費性能と耐摩耗性能を高次元で両立、ラベリング制度の転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「c」を実現した新スタンダード低燃費タイヤを謳います。

 実質従来品「TEO plus」の後継です。これによりトーヨーのスタンダードカテゴリーは入れ替わり。「NANOENERGY 3 PLUS」、「NANOENERGY 3」、そして「SD-7」がラインアップされます。

 盛り上がりは悪いことじゃないけれど、同一カテゴリーに3銘柄は差別化、もしくはラインアップの整理が必要でしょうね。

差別化の考え方

 それぞれを活かすべく特性を考えてみました。ラベリングに照らすと「SD-7」は「A/C」、「NANOENERGY 3 PLUS」は「A/B」、「NANOENERGY 3」は「A/C」、です。

 メーカー主張はこうなる。「NANOENERGY 3」は重量増加の抑制をしつつも高剛性化を図り、耐摩耗性と低燃費性の両立。そこからウェット性能向上を図ったのが「NANOENERGY 3 PLUS」。一方低燃費性とロングライフ向上を謳ったのが「SD-7」です。

 まとめるとスタンダードのハイスペックとして「NANOENERGY 3 PLUS」、「NANOENERGY 3」を配置。対して「SD-7」はベーシックに徹する。いずれは「NANOENERGY 3 PLUS」と「SD-7」に集約されると明確化するのでは。

最新技術

 技術展開は、材料設計基盤技術 Nano Balance Technology を主張します。トレッドゴムの配合設計をはじめ、高いシミュレーション技術によるパターンデザインの採用などで、従来品「TEO plus」と比較し転がり抵抗を17%低減、耐摩耗性能(摩耗ライフ)を12%向上させているという。

 パターンは幅の広いワイドトレッドが操縦安定性に寄与、外側からの力による変形には強高剛性リブパターンが優れた摩耗ライフと転がり抵抗の低減を両立します。剛性面では、操縦安定性を向上させる 高硬度プライトッピング と軽量化に伴う剛性低下を防ぐ 高硬度ビードフィラー を採用、操縦安定性向上に貢献します。

 などから相反する転がり抵抗とウェット性能、耐摩耗性能を両立、快適な乗り心地や高い静粛性の実現を訴えます。

「SD-k7」も同時展開!

 軽・コンパクトカー向けに「SD-k7(エスディーケ-7)」を同時展開します。ロングライフを加えた新スタンダード軽・コンパクト用タイヤとし、135/80R12 68S ~ 165/50R15 73V までの14サイズをラインアップ。

 転がり抵抗係数「B」とウェットグリップ性能「c(一部d)」なので低燃費タイヤではありません。ただより専用性を持たせたことで、軽・コンパクトカー特有の偏摩耗や片減りに対応します。

 

サイズ・購入

インプレッション

  • 投稿数 【1】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 平均評価値(5満点)
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4.0
  • 4.0
  • 4.0
  • 4.0
  • 4.0
ひろくん さん
【購入年月】
2019年6月
【装着車種】
日産 ティーダ
【装着サイズ】
185-65-15
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
【インプレッション】

大学生の息子専用のティーダなんですが、ダンロップルマン4で、5年で5万キロ走り、溝はまだ2~3分残ってましたが、ブロック面のひび割れが気になり交換を検討。色々調べた結果日本メーカーで(中国工場生産ですが)コストパフォーマンスと性能面を考えトーヨSD-7に交換しました。ルマン4も静かでいい感じでしたが、SD-7も非常に静かでしなやかな走りです。段差を越した時のドンと突き上げ音は少々気になりますが、やはり2018年の発売なので技術の進化を感じるタイヤだと思います。とにかくコストパフォーマンスが魅力です。

(2019/6/9)

トーヨー SD-7(SD-k7) のインプレッション募集中です

タイヤインプレッション投稿