スタッドレスタイヤとスノータイヤ違い

スタッドレスタイヤとスノータイヤ違い

stud_snow

 日本国内で冬に履く専用タイヤはスタッドレスタイヤが一般的です。しかし、スノータイヤ、ウインタータイヤ、冬タイヤ、スパイクタイヤ、スタッドタイヤ、そしてオールシーズンのようなタイヤも存在します。これらの違いは何か考えてみました。

スタッドレスタイヤ

 スタッドレスタイヤは過酷な冬道でも滑りを抑えることが可能です。柔らかいゴムによる性能特性はツルツルのアイス路面、そして雪路でもシッカリとグリップ効果を発揮します。最近ではドライ性能や低燃費、そしてライフ性能の向上が図られており、首都圏などの非降雪地域でも使用が推奨されています。

スノータイヤ

 スノータイヤは、タイヤのトレッド面を夏タイヤに比べ凹凸を激しくし(ブロックを高く角ばるようにする)、雪道での抵抗が大きくなることで滑りにくいタイヤを意識しています。しかし、スノータイヤの素材は基本的に夏タイヤと同じ。その為に冬の低温の路面ではゴムが硬化し、雪路での限界は低い。更にアイスバーンではとても滑りやすい。

スパイクタイヤ(スタッドタイヤ)

 スパイク=スタッド(鋲)を指す。よってスパイクタイヤとスタッドタイヤは同じと理解。スノータイヤは特にアイスバーンでの弱さを示す為、その対策としてスタッド(鋲)を取り付けたのがスパイクタイヤです。これによりアイスバーンなどではかなりの効果を発揮することになります。

 しかし、雪や氷の無い道路では、このスタッド(鋲)が道路を削り粉塵公害が社会問題化しました。結果、国内では特別なケースを除いて使用禁止になっています。スタッドレスタイヤは、スタッド(鋲)がレス(無い)タイヤを意味します。

オールシーズンタイヤ(M+Sなど)

 オールシーズンタイヤは夏タイヤと冬タイヤの中間を目指したものです。サイドにはM+S(マッド&スノー)が表示され、形式的にはオフロードや雪道でも走れる性能を持ったタイヤと受け止めることが出来ます(ここでは省きますが実際には制約がある)。スタッドレスタイヤにもサイドにはM+S表示が見られるものの、同時にSTUDLESSも並列されており差別化を図っています。

 M+Sはメーカー記載を見ると、サマー性能に加え浅雪での性能に配慮したタイヤですが、高速道路等の冬タイヤ規制時には通行出来ないことがあります、となっている。これ「チェーン規制」時を指したものかと。一応浅雪のエマージェンシーレベルでは何とか走行可能と捉えるべきながら、厳しい雪道走行には向いていない。M.S、M&S、M/Sなどとも表示されます。

ウインタータイヤ(冬タイヤ)

 ウインタータイヤ(冬タイヤ)は、車用の装着タイヤの中で、冬場の氷雪路でも安全に走行が出来るよう作られたタイヤの総称です。なのでスタッドレスタイヤ、スノータイヤ、スパイクタイヤ等は、ウインタータイヤ(冬タイヤ)のひとつと言えます。オールシーズンタイヤもそうと考えられるもここでは除いておきますか。

まとめ

タイヤの構成図

 以上から、サマータイヤ(夏タイヤ)とウインタータイヤ(冬タイヤ)、その間にオールシーズンタイヤ(M+Sなど)が存在します。ウインタータイヤ(冬タイヤ)は雪道での走りを高めたスノータイヤ、そしてアイスバーンでの性能を高める為にスパイクタイヤが誕生、その規制によりスタッドレスタイヤの出現に至ると理解出来ます。現在ではウインタータイヤ、冬タイヤ、そしてスノータイヤと言えばほぼ「スタッドレスタイヤ」を指すのが一般的です。

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る