スタッドレスタイヤの空気圧は違うの?

スタッドレスタイヤの空気圧は違うの?

air_image

 スタッドレスも夏タイヤ同様、空気圧の管理は快適性や安全性、そして何よりも効きへの期待を高めるために大変重要です。

 その加減により状況は変わり、本来のタイヤ性能を発揮出来ないこともあります。なので月に1度は空気圧点検を必ず実行したい。

(2017.9更新)

スタッドレスタイヤの適正空気圧とは

 スタッドレスはアイス路面の場合、空気圧を微妙に下げることで接地面が増しグリップ感への効果が期待されることも。反面、空気圧を上げブロックの剛性感を得ることで、ドライ路面での効果が謳われます。

 しかし、ラリーカーでもない限りその都度空気圧の変更を行うことは容易ではなく、現実的でもありません。性能を総合的に発揮させるには、しっかりと空気圧管理を行う必要があります。

トータルで効きを高める!

 スタッドレスは、微妙な空気圧設定でワンポイント性能への効きを期待させます。しかし、冬の日常走行は、アイス路面、雪路、ウェットそしてドライなど様々な路面環境が待ち受けています。その際、いずれかのワンポイント性能への得意性では、それ以外の条件時に安全性への期待感が低くなるということも。

車の標準空気圧を維持

 トータル的に性能を発揮させる為には、装着するクルマの標準空気圧を維持することが重要です。空気圧点検では、走行直後は熱によって空気圧が高くなっていますので走行前のタイヤが冷えている時に行います。

 また、保管していたスタッドレスは、保管前に空気を抜いていなくとも自然に空気が抜けているケースがほとんど。そのままの走行ではバーストなどが懸念されます。空気圧への気遣いは大切です。それにより快適と安心安全を得ることが出来るのです。

▲TOPへ
▲TOPへ戻る