NEXEN CP672

NEXEN CP672 の特徴

  • カテゴリー:コンフォートタイヤ
  • サイズ:14~18インチ
  • 扁平率:65~40%

タイヤ性能

 NEXEN「CP672」は、快適性を訴えるコンフォートタイヤです。同社の「N」シリーズとは一線を画し、静粛性への拘りを謳います。

 NEXENでは、N シリーズをUHP(ウルトラ・ハイ・パフォーマンス)に、CP シリーズはHP(ハイ・パフォーマンス)にポジショニングしています。これ単純には序列化と考えますが、優劣とは別にその特徴としての違いを示すことで差別化も感じ取れそうです。

 コンフォートタイヤとしての N シリーズは、「N7000」が挙げられます。静粛性や乗り心地、そして運度性能を併せ持つことでプレミアムとしてのポジションをも訴えます。対して CP シリーズは、コンフォートタイヤとしながらも N シリーズには及ばない印象です。但し、コンフォートタイヤのスタンダードとしての役割なら、その拘りである静粛性が受け入れられ、N シリーズとの共存が可能であると思います。

 「CP672」は4本のストレートグルーブが特徴的です。当然ウェットでの効果を狙っています。太い溝を2本とすることよりも4本での効率性を採用し、ブレーキングそしてハンドリングの安定性を訴えます。

 またショルダーブロックを形成する湾曲した溝は、静粛性への期待感を高めます。センター部分との共存では接地時における効果の高さを謳います。更にショルダーからサイドに掛けては「ウイングタイプ エッジ グルーブ」が形成され、耐熱効果を高めることでタイヤ性能の持続を可能としています。

 「CP672」は、コンフォートタイヤの特徴である繊細な溝によるブロック構成が際立ち、その効果による先進的な印象は実性能への期待が高まります。ただ、N シリーズに比べワンランク劣るという評価は否定出来ません。特に運動性能への得意性という点でその違いは大きいかと。

 この点から「CP672」の選択は、スタンダードへの不足を快適性という点で求める人にフィットしそうです。飽くまでもカテゴリーとしてはコンフォートへ拘ります。

NEXEN CP672 ロングライフ・タイヤレポート

 「オートウェイ」では、トヨタ・ヴィッツに「CP672」を装着し耐久テストを実施しています。装着サイズは、175/65R14 82Hです。継続してデータ計測が示されます。この耐久テストはタイヤコンディションの変化、特に静粛性、快適性に注目。

インプレッション

リョージ さん
【購入年月】
2012年3月
【装着車種】
セレナ ライダー
【装着サイズ】
215-45-18
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 3
  • 2
  • 5
【インプレッション】

装着より2年4万キロ走ってますが 残り溝 中央で6m弱有り減りは緩やかです。 因みに車はセレナ ライダー車高調ローダウン。
インプレッションは コンホォートの割りには国産よりうるさい。 ゴム質は固めの印象。
ハンドリングは 直進性は良いが 切り込むとffですが弱アンダー気味かな。 普通のタイヤですが コストパフォーマンスは 最高!

(2014/3/26)
Stitch さん
【購入年月】
2012年5月
【装着車種】
エルグランド E50
【装着サイズ】
215/65R15
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 2
  • 3
  • 5
  • 5
  • 3
【インプレッション】

足として利用の車ならコスパ的に大満足です。

(2013/10/3)

詳細情報・購入

(2016.2更新)

NEXEN CP672 のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る