RADAR Dimax R8+

RADAR Dimax R8+ の特徴

タイヤ性能

 RADAR「Dimax R8+(ディーマックス アールエイトプラス)」は、Dimaxシリーズの最新高性を謳います。ラインアップでのポジションはUHP(ウルトラ・ハイ・パフォーマンス)、コンフォートに加えレスポンス性能の高さが主張点として添えられています。

従来品は「Dimax R8」

 従来品となるのは「Dimax R8」です。国内では導入が途絶えるも、グローバルでは「VERENTI R6」をも上回る高性能さを誇ります。乗り心地と静粛性の高さが特徴、採用される左右非対称パターンは接地面の均一化を果たし、グリップ性能ばかりではなく偏磨耗等に対する効果も謳われます。

 2011年の導入時には オートウェイ が走行比較の動画を発信しました。比べるのは静粛性、名称こそ伏せていますが国内メーカーの製品をも凌ぐという内容だったかな。それもあり? 当時スポーツタイヤに傾倒するアジアンタイヤの中で注目度は高かった。という流れを汲み、今回はそれ以上の性能レベルを果たしているはず。

プラス進化!

 「Dimax R8+」は名称から プラス(+)進化であること明らかです。近年、プラス進化はトレッドデザインを継承しつつも、コンパウンド変更による性能向上を果たす傾向にあります。それでも耐磨耗性やウェット性能など向上効果は大きい。

 対して「Dimax R8+」は異なる新デザインを採用し、見た目だけならプレミアムコンフォートにも耐えられる洗練さを得ています。従来もそうだったけれど、グリップ重視のいわゆるアジアンタイヤの定番とは異なる雰囲気を漂わせています。

 特徴となるのは4本の縦溝です。果たす役割はウェット性能向上、ハイドロ抑制により高速での安定性を示します。更にはハンドリングにも寄与するというし、従来から続く注目点でしょう。更にコンパウンドは先進性の高いシリカ配合となり、低燃費と耐摩耗性に貢献します。

 今回繊細さが際立つのはリブの新たな構築では。複雑化した横溝が以前にも増して高性能さを演出します。静粛性の向上に繋がるポイントかな。サイドデザインも独創的に変化しています。

 プラス進化の程度はそれぞれですが、「Dimax R8+」に関しては明らかにマイナーレベルを超えたフルチェンジ、と言ってもいいのでは。そこには性能に対する大幅な向上が期待されます。

サイズ展開に注目!

 最後に触れるのはサイズ設定です。17 ~ 26インチ、55 ~ 30%扁平まで40サイズ以上を導入します。大径サイズ中心ながらこの展開は非常に面白い。グロバールでも17インチ~となっているので、ターゲットそのものが比較的上級車へ向けられているのが分かります。

詳細情報・購入

(2017.1更新)

RADAR Dimax R8+ のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る