ミシュラン PRIMACY HP

ミシュラン PRIMACY HP の特徴

  • カテゴリー:スポーツコンフォートタイヤ
  • サイズ:16~19インチ
  • 扁平率:55~35%
  • 発売:2006年4月

タイヤ性能

 ミシュランの商品ラインアップで、より上質のコンフォート性能と運動性能の両立を目指すタイヤとして「PRIMACY HP」が配置されています。これまでプレミアムコンフォートにポジショニングしていましたが、運動性能との両立に優れていることでスポーツコンフォートへ再配置します。

 「PRIMACY HP」はそれまでの「PILOT PRIMACY」の基本性能を継承し派生したタイヤです。進化した性能は、ウェットでの安定性と静粛性が挙げられます。またタイヤ構造・トレッドパターン・素材(コンパウンド)の開発を同時進行する「A.S.M」コンセプトにより、理想的なタイヤ作りが謳われています。

 タイヤ構造はグリップと高速安定性が発揮できるトレッド構造を採用。トレッドパターンは左右非対称パターンで、操縦安定性と偏磨耗を抑制、ロングライフ化が図られています。素材(フルシリカコンパウンド)は、ウェット性能向上と転がり抵抗の低減に貢献しています。

 「PRIMACY HP」は走行でのハンドリングがニュートラルな印象を抱かせ、切れ込みに対しての回頭性の正確さなどから走りへの特徴がより強調されています。

 乗り心地はトレッド面全体でバランスよく衝撃を吸収する特性を示し、ほど良い硬さから特に長距離走行でもストレスの無い感触が期待されます。但し、乗り初めに硬いと感じてしまうミシュランの独特の印象もあり、人により上質の乗り心地、とはいかないこともありそう。

 静粛性はこのカテゴリー配置なら評価が得られるのでは。プレミアムコンフォートの追求はやや不利な印象も抱いていました。しかし、スポーツコンフォートへスイッチしたことで、カテゴリーの受け入れが異なり主張は十分理解されそうです。

 重量ボディーの性能に応える運動性能と快適性を両立し、ウェットや高速走行で安定ある走りを求める人にタイヤ性能は向けられており、やはりこのカテゴリーでの展開がシックリ来そうです。

インプレッション

シビチャンサン さん
【購入年月】
2012年10月
【装着車種】
トヨタ 86
【装着サイズ】
215 45 17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
  • 5
【インプレッション】

ドライグリップは、通常は3だが、タイヤに十分な熱が入ると5に近いグリップを発生。その時は、全くタイヤが鳴かない。しかしタイヤが冷えていると、いとも簡単にタイヤが鳴く。不思議なタイヤ。乗り心地、タイヤノイズ共に良好。恐るべしミシュランと言った感じ。次は、スーパースポーツを履く予定。ちなみに、いままで履いたタイヤの中で一番減らないので、びっくりしている。

(2014/9/13)
ドン平くん さん
【購入年月】
2010年5月
【装着車種】
アルテッツァ
【装着サイズ】
215/45/17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 5
  • 4
  • 3
  • 5
【インプレッション】

以前履いていたパイロットスポーツPS-2に比べるとドライグリップや静粛性は劣るが、極限の走りをしなければ問題なく峠道を気持ち良く走れます。

耐摩耗性は抜群なので短期間に距離を乗る方には超お薦め!私の場合、走行距離22万㌔時に履き、今は27万㌔。5万㌔で3㎜しか減ってないので、8万㌔位は使えそうです。年間36000㌔走る私にとって、経済的でgood!

(2012/12/5)

詳細情報・購入

(2016.2更新)

ミシュランミシュラン PRIMACY HP のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る