プレミアムコンフォートタイヤカテゴリー

プレミアムコンフォートタイヤカテゴリー

premium

 コンフォートタイヤが路面からの衝撃吸収や静粛性などの、トータルでの快適性能を特徴としていることから、プレミアムコンフォートタイヤはそのプレミアム性能を備えたタイヤ、と理解できます。

 プレミアムとは、コンフォートカテゴリーのトータル性能を更に高レベルで追求していることを意味します。実際プレミアムセダンには、装着タイヤとしてプレミアムコンフォートタイヤの装着が一般的です。

 昨今のプレミアムセダンは、大排気量に高出力そして大型重量ボディー、さらに極上の快適性の追求など正にプレミアム尽くしです。これに装着されるタイヤは、高度な要求に耐えうる高性能化されたタイヤであることが重要です。

 ただプレミアムコンフォートカテゴリーは、対象すべてがプレミアムセダンなどの高級車ばかりではありません。ミドルセダンや時にミニバンでも、その車の性能から快適性のプレミアム化を求める人には、十分にその高性能を体感できるタイヤでもあります。

 その流れは軽カーへも波及しています。軽カー専用プレミアムタイヤが出現し、高性能化する軽カーの快適性能を高位に実現します。

プレミアムコンフォートタイヤの特徴

 高速安定性と走りのクオリティを高める静粛性、路面からのショックを吸収して最上級の乗り心を実現するのがプレミアムコンフォートタイヤの特徴です。ハイクオリティーな性能実現は、構造、パターン、素材など様々な要因をバランス良く調和させ開発することが求められます。

 その為にタイヤが持つ個々の性能追求は避けられず、結果的にはコスト面でやや分が悪い印象です。またコンフォートカテゴリーが一般的な快適性を求めているのに対して、プレミアムコンフォートカテゴリーは快適性の更なる質の向上に主眼が置かれ、トータルでのプレミアム路線追求を特徴としています。

 双方とも基本的な方向付けは同じとしながらも、実際の商品力は大きく異なります。快適の質の違いは体感することで感じられ、プレミアムコンフォートの上質な性能を体感するとレベルダウンは正直難しい。

 タイヤカテゴリーはターゲットにする車種特性を目安とします。厳密な装着ルールなどは存在しませんが、タイヤレベルがオーバースペックやロースペックになることを極力避けることができます。

 その点でプレミアムコンフォートとコンフォートは、同じ快適性の追求でもターゲットの違いが大きいのです。

プレミアムコンフォートタイヤ性能比較

 これほどの高性能タイヤであるプレミアムコンフォートですが、一時はスポーツやスポーツコンフォートにも似た境遇にありました。低燃費タイヤ主体のタイヤ事情で、積極性がプレミアムコンフォートへ向けられるのには相応の時間を要したのです。

 そして現状、ターゲットになるプレミアムカーなどでもHVなど低燃費対応は当然のこととなります。装着が低燃費タイヤであることはもう絶対条件として譲れない訳です。しかも独自性によりカテゴリー性能の追求に拘り、低燃費タイヤでありながら極上の快適性は高位に維持しているのだから凄い。

 但し、転がり抵抗係数とウェットグリップ性能のグレーディング追求は、そこそこに抑えられています。これはショウガナイ、優先すべきは極上の快適性です。

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る