スタッドレスタイヤ性能比較表-トーヨー

スタッドレスタイヤ性能比較表-トーヨー

ty_winter01

 トーヨーのラインアップ、2017-2018年シーズンは新製品「Winter TRANPATH TX」がまずは話題の中心でしょう。

 ミニバン専用スタッドレス「Winter TRANPATH MK4α」の実質後継ながら、ミニバン専用とは謳わずSUVやミニバンなどの ハイト系 を強調します。

 また乗用車用「OBSERVE GARIT GIZ」は4シーズン目、「GARIT G5」は9シーズン目、そしてSUV/4×4専用「OBSERVE GSi-5」は5シーズン目に入ります。3ブランド4製品が揃うもこの展開は今シーズンで見納めかな・・

 乗用車用、ミニバン(SUVやミニバンなどのハイト系)専用、SUV/4×4専用の3カテゴリーを展開するのはトーヨーが唯一です。細分化によるアドバンテージを大いに主張して欲しいところです。

(2017.9更新)
【TOPICS】

2017-2018 トーヨーの特徴

ty_winter02

 正直、新製品「Winter TRANPATH TX」の登場には驚いた。昨シーズンまでの状況ではもう出ないのね! を結論付ける雰囲気でした。OBSERVEシリーズへの回帰もそんな事情があってのことかな、と考えていたんです。

 もし「Winter TRANPATH TX」の発売がなかったらどうよ? 「OBSERVE GARIT GIZ」が乗用車用のメインとなり、「GARIT G5」はベーシックの役割りかな。SUV/4×4専用「OBSERVE GSi-5」はそれなりに、と言う展開でしょう。「Winter TRANPATH MK4α」が継続されても既に話題性はなく展開はかなり厳しい。

ラインアップを活性化

 しかし、たったひとつの投入で状況は一変したと思います。飽くまでもミニバン専用、厳密にはSUVも含めたハイト系に拘る姿勢は刺激になるし、他メーカーとは一線を画すトーヨーのミニバン施策に再評価が得られそうです。

差別化

 2017-2018年は間違いなく「Winter TRANPATH TX」が筆頭、全体を牽引する責務を課せましょう。唯一不安は「OBSERVE GSi-5」との差別化です。メーカー主張からはいまひとつ明確さが見出せません。なら仕方ない、勝手に想像し詳細ページで触れてみました。

ミニバンへの回帰!

ty_winter03

 スタッドレスの全体傾向として1つの製品で乗用車用は勿論、ミニバンにも対応する汎用性能が高度化、サイズ設定は100以上にも及び、SUV/4×4以外での専用性が薄らいでいます。

 これが意味するものは新たなカテゴリーの細分化は必要なし、の様相が強まっているということです。現状、トーヨー以外でこの対応を謳う製品は見られません。


ミニバン専用の特徴

 スタッドレスでのミニバン専用はふらつきなどによる片減りや偏摩耗の抑制により、効きを高めるのが最大の主張点です。しかし、最新はサイドとトレッド剛性が飛躍的に向上、専用タイヤ同様にミニバンにも十分な対応性能を示します。

 これに引き寄せられたのかどうか、トーヨーも昨シーズンはラインアップのメインを「OBSERVE GARIT GIZ」へ求めていることから、「TRANPATH MK4α」へはトーンダウンしていました。当然2011年投入製品でもあり基本性能の古さは否めませんが。

先駆者としての意地

 しかし、そこは長年築き上げた先駆者としての意地かな。新製品「Winter TRANPATH TX」はミニバンだけに留まらず、SUVをも取り込んだ ハイト系 への対応製品として復活しました。より汎用性を高め過去最高の対応性能を誇ります。

トーヨー性能比較

*性能評価バーは各カテゴリー内での評価を対象としています。他のカテゴリーとの評価を比較するものではありません。
*性能評価バーはタイヤメーカー等の指針を参考にしたものであり、タイヤの絶対的な性能を示すものではありません。

乗用車用スタッドレスタイヤ

吸水+密着+ひっかきの3つの効果でアイス性能をさらに進化
-楽天市場-
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 3
  • 2

「GARIT G5」の後継。凍結路面での性能確保の為に氷の表面に出来るミクロ単位の水膜に対応。NEO吸着ナノゲルゴム、新吸着3Dサイプ、コンビネーションブロック」を採用、吸水・密着・ひっかきの3大効果を訴える。

全方向に効く360°スタッドレス を継承。吸水力、ひっかきを強化
-楽天市場-
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 3
  • 3
  • 3
  • 4

吸着ナノゲルゴム、鬼クルミの殻、吸水カーボニックパウダー などの採用。これらを効率よく使うことで路面に対する吸水力を高め、ひっかき効果で冬のあらゆる道で安定した走行が可能となる。

詳細は トーヨー GARIT G5 の特徴 で確認を。
SUVやミニバンなどのハイト系専用
-楽天市場-
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 3
  • 2

敢えてミニバン専用とは謳わずSUVやミニバンなどのハイト系を強調、新たなジャンルを狙う。HVやSUVでのふらつきを低減し冬道でもしっかり感が得られる。従来品比較でアイス制動性能12%の向上を示す。

SUV/4×4スタッドレスタイヤ

OBSERVE の復活。密着、吸水、引っ掻き効率が極上だ
-楽天市場-
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3

TRANPATH から復活 OBSERVE へ。360°サイプ は全方向にエッジ効果を発揮、縦方向だけでなく横や斜めのすべりにも対応した ファーストエッジ加工、アイスバーンで高いグリップ力を発揮する 3Dグリップサイプ を設定。

詳細は OBSERVE GSi-5 の特徴 で確認を。
▲TOPへ
▲TOPへ戻る