ダンロップ エナセーブ RV504

ダンロップ エナセーブ RV504 の特徴

  • カテゴリー:ミニバン低燃費タイヤ
  • サイズ:13~19インチ
  • 扁平率:65~40%
  • 発売:2015年2月

タイヤ性能

du_rv50401

 ダンロップ「エナセーブ RV504」は、従来品「エナセーブ RV503★」の後継であり、エナセーブ第2世代を謳うミニバン用低燃費タイヤです。

 エナセーブ第1世代では、ウェットグリップ性能に実用レベルで厳しい評価も見られました。

 「エナセーブ RV503」から「エナセーブ RV503★」の進化はその点に注視され、ウェットグリップ性能を「c」から「b」へ引き上げ、8%の向上を達成しています。

エナセーブ第2世代

 そして今回「エナセーブ RV503★」から「エナセーブ RV504」への進化は、転がり抵抗係数を「A」から「AA」へ引き上げた点が注目されます。従来のウェット性能は確保しながらも、不要な発熱の抑制に拘り、転がり抵抗の高レベル化を実現したことでエナセーブ第2世代を強調します。

4D NANO DESIGN による開発

 技術的には効果が実証される発熱抑制に目を向けます。4D NANO DESIGN により開発した 新シリカ用変性ポリマー をトレッド部に採用しました。ポリマーの発熱を抑制しグレーディングンの向上を実現、従来品比較で転がり抵抗を13%も低減しているというから驚きます。

専用新パターンを採用
du_rv50402

 パターンデザインは、OUT側のブロック剛性を高め、センター部のブロックを太く大きくした専用新パターンを採用しています。局所的なエネルギーの集中を抑制し、耐摩耗性能で8%、耐偏摩耗性能で33%も向上しています。

 またブレーカーコード量を20%増量した高剛性ブレーカーとの効果では、トレッド部の剛性を高め不要な動きを抑制、ミニバン特有のふらつきを低減し操縦安定性に繋がっています。振動時の収束性も高まり、快適な乗り心地を実現します。

ラベリング制度のグレーディング

 ラベリング制度の転がり抵抗係数「AA」は決して最高位を示すものではありません。更に「RV503★」で実現したウェットグリップ性能「b」(一部「c」)も同様です。それでも当初の「RV503」から見てみると向上レベルはかなり大きい。

ターゲット

 「RV504」は、ターゲット層をスタンダードミニバンからコンフォートミニバンまで比較的広範囲に求めています。対して同時進化を果たしたヨコハマ「BluEarth RV-02」、こちらはプレミアムミニバンも求めることから、双方のターゲットは微妙に異なります。

 ただ比較されることも多い。「A/a」を実現した「RV-02」、一方「RV504」は「AA/b(一部「c」)」。低燃費タイヤ自体が第2世代に入り、ラベリング制度のグレーディング争いは一端の落ち着きを見せているものの、このあたりの受け取り方が気になります。

インプレッション

ポール小林 さん
【購入年月】
2017年4月
【装着車種】
キューブキュービック
【装着サイズ】
175/65-14
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 3
  • 3
  • 3
【インプレッション】

買ったばかりなのであくまで第一印象ですが、ミニバン用だからといってハンドルの特別なシッカリ感は無く普通。乗り心地は少し張が強い感じで良く言えばシッカリ締まった感じ。ハンドリング操安性は未知。とにかく買ったばかりで評価は出来ず全て3にしました。悪しからず。

(2017/4/6)
bayoka さん
【購入年月】
2016年6月
【装着車種】
ハイエースレジアス
【装着サイズ】
205/70R15
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 4
  • 5
  • 5
  • 5
【インプレッション】

同じ車にRV502→NANKANG FT-4→RV503☆と履いており、今回、RV504を履きました。新品状態での印象は、おなじDLタイやでもっとも一番転がり抵抗が少なく感じます。惰性走行時は速度が落ちません。発信加速時もワンテンポ早くギアがあがります。グリップ&ウエット性能は、良好です。乗り心地&静粛性も満足できます。寿命については、わかりませんが、RV503☆が約22000Kmほどもったことを考えると、期待できます。
値段も安く、性能もよく、いいタイやだと感じます。

(2016/7/14)
もんのじょう さん
【購入年月】
2016年5月
【装着車種】
エリシオン
【装着サイズ】
225/45R19
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 4
  • 5
  • 4
【インプレッション】

ナンカンNS-2 245/40R19からの履き替えです。
GW前半、行きで高速メインで800km程上記タイヤで走行。
GW後半、エナセーブに交換し、一般道・高速・雨天で600km走行。

まず静粛性は格段にアップしました。ロードノイズが非常に少なくなり車内も快適です。
燃費ですが、ナンカンタイヤでは燃料満タン後すぐ高速に乗り、メーター表示では瞬間で11.2km/lが最高でした。
エナセーブに交換し満タン後高速に乗った所、12.8km/lまで伸びました。
寿命はまだわかりませんが、期待してます。
乗り心地も少し良くなったような気がします。

以前はヨコハマのブルーアースRV-01をはいてましたが、それよりも全然良いです。
今後はこのタイヤにします。

(2016/5/4)
山猿 さん
【購入年月】
2016年3月
【装着車種】
アイシス
【装着サイズ】
205/55R16
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 5
  • 4
  • 5
【インプレッション】

トヨタのアイシスに装着した感想です。これまで一般のタイヤでしたが、この度初めてミニバン専用を購入してみました。
グリップ…現在のところ不満を感じることはありません。
ウェット…ラベリングbなので問題は無いと思っています。特にヒヤッとした事もありませんので大丈夫だと思います。
乗り心地…ここがこのタイヤの一番の特徴だと思って良いと思います。ハンドルを切った時の戻りが確かにスムーズです。これは運転しやすいですね。
静粛性…スタッドレスタイヤからの交換なので当然静かに感じます。必死に11月までの感覚を思い出していますが、遜色ないと思いました。
寿命…購入したばかりですが、耐磨耗性能を謳っているので期待を込めて5に評価させていただきました。

(2016/3/18)
アル吉君 さん
【購入年月】
2015年10月
【装着車種】
トヨタ エスティマ ハイブリッド(2006年式)
【装着サイズ】
215/60R17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
【インプレッション】

家族を乗せる車なので、品質が信用出来る国内ブランドの中から選びました。
まだ、履いて2ヶ月ほどですが走りに不満はありません。
コーナーを過ぎた後のハンドルの操作が楽に感じますし、直進安定性も良いと思います。
燃費の方は、『AA』グレードのタイヤという事で期待したのですが、リッター13㎞前後と前に履いていたGYとさほど変わらない様です。
評価の方は、もっと良いタイヤが有るかもしれないので、オール4としました。

(2015/11/26)
nao さん
【購入年月】
2015年3月
【装着車種】
スバル アウトバック
【装着サイズ】
210/55/17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 5
【インプレッション】

黄色帽子の特売&ダンロップのキャッシュバックキャンペーンがあり、ミニバンではないが形態が近いアウトバックでも行けるかと思いミシュラン・プレマシーLCから交換しました。

新品~100kmくらいまでは、硬いゴムを転がす感じの高音のノイズが気になりましたが、その後は静かになりました。
プレマシーに比べしっとり感がない、硬いゴム質に感じますが予想よりは静かです。
また、タイヤ側面が硬いため段差やカーブでは以前より気持ちよい反応をします。
アウトバックは車高が高いので、スタンダードタイヤよりはミニバンタイヤの方が相性がいいと思いました。

(2015/5/16)

詳細情報・購入

(2017.2更新)

ダンロップ エナセーブ RV504 のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る