ダンロップ SP SPORT MAXX 050+

ダンロップ SP SPORT MAXX 050+

  • カテゴリー:プレミアムスポーツ
  • サイズ:16~20インチ
  • 扁平率:55~30%
  • 発売:2015年7月

タイヤ性能

 ダンロップ「SP SPORT MAXX 050+(エスピースポーツマックス 050プラス)」は、フラッグシップとなる SP SPORT MAXXシリーズの最新作(と言っても2015年発売)です。グローバル商品として、中国・ロシア・中近東・中南米などでも発売されています。

 SP SPORT MAXXシリーズは一般車種への装着にはやや敷居が高いイメージです。輸入車やプレミアムカーへの装着を宣言していることが理由です。「SP SPORT MAXX 050+」においても輸入外車用(IMPORT CAR)ハイパフォーマンスタイヤを謳い、その方向付けを更に強調しています。

輸入外国車用を何故謳う?

 輸入外国車は、ベンツ、BMW、ポルシェ、アウディ、VWなどが想定されるかな。ドイツ車以外も色々あるけれど、そこへ限定してしまうのはどうして? 一昔前、いやふた昔前の輸入車のイメージならビックボディに大径サイズ、これに対応するサイズ展開と剛性強化によって方向性をそこに向ける、という施策もあったでしょう。

 しかし、現在はかならずしも輸入車だけがそうじゃない。国内クルマメーカーのプレミアムハイパフォーマンスカーも増えています。従って輸入外国車という一線は、あまり馴染まないように思います。

 と言いつつもその拘りを探ると、見えて来るのは「SP SPORT MAXX 050+」の方向性、いわゆるチューニングが欧州のタイヤメーカーを意識しているという。これにより欧州車、その中でもプレミアムカーとの相性の良さを示したかった、ということでは。更にEXTRA LOAD規格を多く揃え負荷能力強化にも動いています。

性能特性は2つ!

 主張点は大きく2つ、高い操縦安定性能と優れたウエット性能です。輸入外国車、特に欧州プレミアムカーを目指すからにはそれ相応のパフォーマンスを期待します。

 操縦安定性能向上には、コーナリング時でもブロックがよれないよう、アウト側のブロックを大きくした非対称パターンを採用しました。そして高剛性バンドが高速走行により発生するブレーカーの変形を抑制し、接地形状の変化を抑え大きな接地面積を確保します。

 ウェット性能では、幅広い3本のストレートグルーブが優れた排水性を実現します。また 4D NANO DESIGN により開発した新コンパウンドが路面との密着性を高め、ウェットグリップ性能を向上させています。

プレミアムSUV専用もある

 今回プレミアムSUV専用となる「SP SPORT MAXX 050+ FOR SUV」も同時に投入されました。パターン形状はほぼ同じ、最適化した専用構造を採用しSUV特有の高速走行時のふらつきを抑え、高い操縦安定性能を訴えます。

国産ハイパフォーマンスカーへはどうよ?

 国産車でも基本的にサイズが適合するのなら装着は可能でしょう。走りに支障が出るとは思えません。但し、カテゴリーが存在するように車種特性への相性が必ずしもベストマッチになるかは微妙です。クルマに対してオーバースペックや、感触として馴染まないケースも考えられます。その点ではメーカーの施策に沿うのが正しい選択になるでしょうね。ただ国産車での感触に興味があります。

詳細情報・購入

(2017.4更新)

ダンロップ SP SPORT MAXX 050+ のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る