トーヨー PROXES T1 Sport

トーヨー PROXES T1 Sport の特徴

  • カテゴリー:スポーツタイヤ
  • サイズ:16~20インチ
  • 扁平率:55~30%
  • 発売:2012年1月

タイヤ性能

ty_proxxes-t101

 トーヨー「PROXES T1 Sport」は、PROXES ブランドのプレミアムスポーツを謳う製品です。同時に展開されるプレミアムSUVの「PROXES T1 Sport SUV」との共通点を示し、双方ドライ、ウェット性能を高次元で発揮しながらも、静粛性や偏磨耗への対応実現を訴えます。

 ただそこはカテゴリーの専用性を強調する上で、プレミアムスポーツである「PROXES T1 Sport」は更なる運動性能向上を示します。対して「PROXES T1 Sport SUV」はSUVタイヤとして重量あるボディーを安定的に保つことが強調されます。

トレッドパターン

 採用するのは左右非対称パターンです。IN側では高剛性リブとノッチ形状により、ドライとウェットでブレーキ性能を高め、OUT側に比べワイドな縦溝による排水効果を高めます。OUT側は剛性を高めるワイドブロック採用で、コーナリング性能とハンドリングへの貢献を訴えます。

 センターリブはワイド形状となり、高速での安定性とレスポンスへの実現を果たします。またサイドは高剛性サイドウォールや高剛性ビードフィラーで補強され、高速域での安定性向上が期待出来るのでは。更に高硬度コンパウンドや接地圧分布最適化など、トータルでドライ/ウェット性能の向上を謳います。

「PROXES R1R」との違い

 「PROXES T1 Sport」の出現により、トーヨーのスポーツカテゴリーでは差別化が必要です。従来のリアルスポーツ「PROXES R1R」は、トーヨーが誇るスポーツタイヤの筆頭でした。サーキット走行などの得意性を求める人へ推奨され、ドライグリップの高さを誇ります。

 一方「PROXES T1 Sport」は、運動性能と快適性の両立を求める人へ向けられるかと。最新技術搭載により高度な性能を発揮し、プレミアム車の特性に十分対応可能だというので、ここが強調される点ですね。

インプレッション

タカサン さん
【購入年月】
2015年8月
【装着車種】
BMW323iM-sports
【装着サイズ】
F225-45ZR-17
R255-40ZR-17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 5
  • 4
  • 3
【インプレッション】

RE050のランフラットの突き上げ感が嫌で、BSのエコタイヤPZXに履き替えた(RE001のノンランフラット上上が欲しかったが高価で見送り)
車検前にプロクセスに交換した。BSに比べサイドの柔軟性があり、乗り心地がよくなった。ロードノイズもPZXより上。グリップもPZXより1.5ランク上だ。滑り出しも穏やかでコントロールしやすい。
中低速でステアリングレスポンスが若干遅れ気味に感じるが、慣れれば対応出来る範囲だ。高速レスポンスは問題なし。アウトバーン走行に適した設計だからだろう。ウエット性能も高そうだし、ライフは早そうだがコストパフォーマンスは高く、良いタイヤだと思います。ベストエア圧は調整中です。

(2015/8/10)
ジャーじい さん
【購入年月】
2014年5月
【装着車種】
ホンダ・オデッセイDB3
【装着サイズ】
225/40 19インチ
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
【インプレッション】

以前履いていたBSの050からの履き替えです。寿命はまだ浅いので希望です。
 T1sportに履き替えて最初に転がしてすぐに感動しました。まるで足回りが新車になったような感覚でした。路面のショックはスポーツタイヤらしいのですが堅く突き上げるような感じではなく柔らかくまるで真綿に包まれたようなショックでした。スポーツタイプのタイヤの中ではかなり良いか感じではないかと思います。

 町中でも小さい赤ん坊を乗せても十分普通に走れますし、高速走行でも直進安定性もよくレーンチェンジの時も安心でした。ただ、高速走行ではステアリングがやや重くなったように感じたのは個人的な感覚だけかも……(個人的には良いが・・・)

 ドライ走行では高速の本線合流のランプウエイのカーブも少し高めの速度でもかなり安心して回転できました。
 感想としてはかなりレベルの高い印象を受けました。ウエット走行はレポートできるほど走行していないので、出来れば又、レポートします。

(2014/6/2)
カリ さん
【購入年月】
2014年1月
【装着車種】
アコード
【装着サイズ】
235/45R18
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 5
  • 4
  • 4
  • 3
【インプレッション】

スポーツタイヤらしいフィーリングです。

高速性能は抜群で速度が高くても安定しています。コナーリングもスムーズでドライブが楽しいです。

ウエットの高速でもまっすぐ走るので安心してとばせます。

乗り心地は固めですがスポーツタイヤであることを踏まえればむしろ快適。耳障りな騒音などありません。グリップが良いためか小石は拾うようで、その際はタイヤハウス内でチリチリと奏でますがご愛嬌。

転がり抵抗はCのため実際にも良くはりません。アクセルオフでスーと転がっていく感は無し。ただ、燃費はほとんど変わりません。

形状もスポーツタイヤらしくかっこいいです。

高速道路を使ったロングドライブが多い方にお勧め。

(2014/3/8)
徳小寺無恒 さん
【購入年月】
2012年3月
【装着車種】
BMW E90 323i
【装着サイズ】
235/40ZR18 95Y
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 3
【インプレッション】

 乗り心地は、ケーシングの剛性が高いので、路面の凹凸をいなすというより、振動は伝えるが、それが余韻として残らない、締まった乗り心地と言うのが正確な表現かもしれないだろう。

 静粛性は、プレミアムと呼ばれるタイアたちに比べると、静かとは言い難いが、その音質はまろやかで、路面の荒れたセクションでも耳障りな「音質」ではなく、スポーツ系と捉えれば十二分以上に満足できるレヴェルだ。

 操縦性は、とにかく手応えがしっかりしており、通常の使い方であるなら切ったら切った分、確実に鼻先が向きを変えてくれる。それは低い速度でも、高い速度でも変わらず曖昧なところが無い。

 ウエットでは、雨水が膜を張っている路面に突っ込んだ時でも、スティアリングの保持力の変化が無く安心してドライヴィングが楽しめると感じた。

 とにかく、ウエットだろうがドライだろうが、路面の凹凸の変化があっても、スティアリングの手応えに変化が少なく、グリップしてるんだなぁていう感じが強くて、安心してクルマを流せるしっかりとした性格のタイヤだ。

(2013/4/1)

詳細情報・購入

(2017.2更新)

トーヨー PROXES T1 Sport のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る