トーヨー Winter TRANPATH S1。スタッドレスタイヤの特徴について。

トーヨー Winter TRANPATH S1 の特徴

winter tranpath s1
  • タイヤカテゴリー:SUV/4×4スタッドレスタイヤ
  • タイヤサイズ:15~18インチ
  • タイヤ偏平率:80~55%
  • 独自技術:吸水クルミックスゴム
  • 独自技術:Gテクノフェイス S1チューン
  • 詳細情報・購入

タイヤ性能

 トーヨー「Winter TRANPATH S1」は、SUV/CCV専用スタッドレスタイヤです。同社のミニバン用や乗用車用同様「360°スタッドレス」が謳われ、氷雪路面からドライまで冬のあらゆる環境に対応することが特徴とされています。

タイヤテクノロジー

 トーヨー「Winter TRANPATH S1」は、SUV/CCV専用スタッドレスタイヤですが、表現の理解としてSUVは(Sports Utility Vehicle)の略、オフロードタイプの4輪駆動車に乗用車的な性能を加え、主に街中での走行をメインにする車。それに対して、CCVは(Cross Country Vehicle)の略で、クロカン車や4×4車などのオフロード車を指すことが多いようです。同じ4輪駆動車でも、軟派なSUVと硬派なCCVと理解することで分かりやすくなるでしょうか?

 この「Winter TRANPATH S1」は、SUVパターンとしてIN側、OUT側のサイドまで長く刻んだ「アーマーサイプ」を採用。アイスバーンや轍での走行をサポートするそう。

 CCV用としては、「アーマーサイプ&Wカッター交互配列」を設定、より深雪での走破性を高めた性能を有しているそう。

 SUV/CCVに共通する性能では、「Gテクノフェイス S1チューン」と呼ばれる専用パターンを採用、これは前後左右への設置性を高め、全方位でのグリップを向上させる「リーフカットサイプ&サンダーグルーブ」、サイプ内部断面に凹凸を設け、より剛性が高まり設置性が向上する「3Dグリップサイプ」、周方向のサイプを波型にすることでエッジ効果を発揮、これらによってアイスバーンでの制動やコーナーリング性能を訴えています。

 また、独自のコンパウンドテクノロジーである「吸水クルミックスゴム」は、接地面に発生する水膜を吸収しアイスバーンの凹凸にゴムが密着、更にゴムに配合された「鬼クルミの殻」が引っ掻き効果を発揮し、走行性能とともに環境にも配慮しているよう。但し、装着直後はその効果が出にくい為に、ファーストエッジ加工を施すことでそれを補うということです。

 「Winter TRANPATH S1」は、発売が2004年ですので8シーズン目に突入します。昨今のスタッドレスタイヤは毎年最新技術が投入されています。SUVスタッドレスタイヤも例外ではなく、最近では乗用車用の優れた性能を流用することが珍しくないことから、このタイヤの8シーズン目には古さを感じます。

 また、「Winter TRANPATH S1」は、特にアイスバーンでの特徴を訴えていますが、それも最新のタイヤに比較すると見劣り感は否めず、ドライでの快適性も評価としては厳しくなるのではないかと思います。

 但し、トーヨータイヤのユーザーは浮気をしない人が目立ちます。その為、トーヨータイヤへ拘って装着するという人もいるようです。

 ただ、サイズ整理は進んでいます。その為、代替としてミニバン用の最新モデルとなる「Winter TRANPATH MK4α」に設定されている、SUV用サイズからの選択も考慮すべきかと思います。

  

トーヨー Winter TRANPATH S1 の詳細情報・購入

                                     
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画.com
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
関連サイト