トーヨー TRANPATH MP4。タイヤの特徴について。

トーヨー TRANPATH MP4 の特徴

タイヤ性能

 トーヨー「TRANPATH」シリーズは、ミニバンタイヤの先駆者で発売から10年以上が経過し、この「TRANPATH MP4」は4代目になります。常に進化を遂げ、今回は前作と比較してコーナリングや高速でのレーンチェンジが更にスムーズになり、トータルでの快適性が格段に向上、スーと走れることが実感できるとしています。

タイヤテクノロジー

 トーヨー「TRANPATH MP4」の特徴は、独自の非対象パターンとNEWトリプルトレッド構造、そしてタイヤの高剛性などによりコーナリングや高速でのレーンチェンジをスムーズにし、ビード部の剛性を高めサイド部の柔軟性をアップすることで快適な乗り心地を謳っています。

 サイレントウォールの採用は、パターンノイズを低減し静粛性を高め、転がり抵抗を低減し燃費向上にも貢献しているようです。

 各メーカーのタイヤラインアップで、今やミニバンタイヤのカテゴリーは重要な位置付けになっています。その中でも、コンフォートミニバンタイヤ、プレミアムミニバンタイヤ、スポーツミニバンタイヤ、低燃費ミニバンタイヤなどに分類できるほど種類も豊富です。

 「TRANPATH」シリーズも、コンフォートミニバンタイヤの「TRANPATH MP4」、プレミアムミニバンタイヤの「TRANPATH Lu」、そして低燃費ミニバンタイヤ「TRANPATH mpf」などがあり用途や車の性格により選択肢は変わります。

 「TRANPATH」シリーズは、ミニバンタイヤの定着に大きな役割を果たしたタイヤですが、それに満足することなく更なる拡大を狙い、「TRANPATH MP4」の発売に至りました。このタイヤのバランス性能は格別とされ、ミニバンユーザーの信頼を得るに相応しいタイヤであると強調されます。

 「TRANPATH MP4」は車を選ばないタイヤ。言い換えればどのようなミニバンにもマッチする懐の広さが評価のポイントであり、乗り心地、静粛性、ふらつき防止など高レベルで実現していることが訴えられます。

 特にセダンやスポーツタイプの車からミニバンや1BOXに乗り換えた場合、このタイヤを履くことで車の重心の高さから感じる不安定さの先入観が高い次元で解消され、快適な車としての印象が確立されるというイメージのようです。

 しかし、「TRANPATH」シリーズにも低燃費ミニバンタイヤが加わり、「TRANPATH MP4」は従来品としてそれまで培った評価を訴えることになりそうです。

インプレッション

トーヨー TRANPATH MP4 の詳細情報・購入

                                     
ページの上へ
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画.com
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!